無意識にネガティブな言葉を使っていませんか?

cthvyjbuk.png

ネガティブな言葉にはネガティブな波動が、

ポジティブな言葉にはポジティブな波動が含まれていますから、

普段、自分が無意識に使っているネガティブな言葉があるのなら、

それを意識的にポジティブな言葉に変えることで自分の波動が変わります。


1、学校や仕事が終わった後に「疲れた」という言葉を無意識に使っていませんか?

一生懸命に勉強や仕事をして肩が凝ったり、

大事なテストや会議が終わって緊張が解けてホッとするのも分かりますが、

そこで「今日は疲れた」という言葉を吐くとネガティブになるので、

そこは意識して「今日はがんばった」とポジティブに言ったほうがいいでしょう。


2、「何でもいい」、「どこでもいい」という言葉を無意識に使っていませんか?

「何食べようか?」「何でもいい」

「どこ行こうか?」「どこでもいい」

たとえ、本人は本当に何でもよくて別に悪気はなかったとしても、

「何でもいい」、「どこでもいい」と言われたら相手もあまり良い気持ちはしないでしょう。


3、人に親切にされた時に「すいません」という言葉を無意識に使っていませんか?

きっとこの言葉はよく使っている人も多いことでしょうし、

それが特別にネガティブな言葉というわけでもありませんが、

「すいません」という言葉は基本的に「謝罪」の言葉ですから、

人に親切にされた時は「すいません」ではなく、

「ありがとうございます」という「感謝」の言葉の方がいいでしょう。

もし、どうしても「すいません」という言葉を使いたいのなら、

「すいません」の後に「ありがとう」という言葉を付けるのがいいでしょう。


「普段、自分は無意識にどんな言葉を使っているだろうか?」と考えて、

もし、上記の他にも無意識に使っているネガティブな言葉があるのなら、

それを意識して少しだけポジティブな言葉に変えてみてください。

そうすることで確実に自分の波動が上がり、

きっと今よりも毎日が楽しく充実したものになることでしょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
関連記事
スポンサーリンク