自分とは違う相手の趣味を認めましょう

wr43t5dt.png

趣味や価値観というのは人それぞれですから、

自分には理解できないからといって、

簡単に他人の趣味を否定したり、

自分の価値観を押し付けたりということはすべきではありません。


しかし、私たちは普段の生活の中で、

「あんな音楽のどこがいいの?」

と相手の趣味をバッサリと否定したり、

「そんなの聞いてないでこういう音楽を聞きなよ」

と自分の価値観を押し付けたりというような、

たとえ、悪気があるわけではなかったにしても、

知らず知らずのうちに相手の趣味や価値感を否定して、

相手を傷つけているという場合もあります。


世の中にはいろんな考え方の人がいますから、

たしかに、あまり一般受けしにくい驚くような趣味を持っている人もいます。


しかし、それを「気持ち悪い」、「変な人」などと言って、

相手の趣味や価値観を全否定してしまうことはすべきではありませんし、

ましてや、相手を攻撃するなどは絶対にしてはいけないことです。



相手がどのような趣味を持っていようとも、

誰かに迷惑をかけるのではないのなら他人がどう思うかは関係ありません。

本人がそれをすることを心から納得して満足し、

それをすることで良い気分になれるのならそうすべきでしょう。


自分が自分らしくいて、相手も相手らしくいて、

それぞれが、それぞれの趣味の世界で楽しんで生きることが望ましいのです。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
関連記事
スポンサーリンク