仕事に対してネガティブになってしまう時には

rytytu.png

仕事が楽しくて毎日元気に職場に行く人もいれば、

ため息を吐きながら憂鬱な気分で職場に向かう人もいます。


休日の夜に、「明日からまた仕事かぁ~」と、

軽くそう思うくらいならまだいいですが、

「あんな仕事なんか行きたくない」というような、

自分の仕事を否定してしまうことはしてはいけません。


仕事というものはどんな仕事であれ、

必ず誰かの役に立っているものなのですから、

自分の仕事に誇りを持つべきです。


自分が嫌だからとその仕事を否定すべきではありません。

それはその仕事を一生懸命やっている他の人たちに失礼です。


もし、今の仕事がつまらない、退屈だと思うのなら、

プライベートを充実させることです。


そうすることで自然と仕事のモチベーションも上がっていくものです。


しかし、どうしても自分の仕事に対してネガティブになってしまうというのなら、

今の仕事を変えることも悪いことではありません。


嫌だと思う仕事をネガティブな思考のまま続けているよりは、

仕事に対して自分の思考をポジティブに変えるか、

それとも、仕事そのものを変えるか、

どちらかにした方がいいでしょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
関連記事
スポンサーリンク