自分の意見は言うべきか?言わざるべきか?

rtcey6ui.png

人に反論、否定されることを過剰に恐れて、

自分の意見をなかなか言えないと言う人も少なくありません。


しかし、世の中にはいろんな考え方、

いろんな性格の人がいるわけですから、

人と考えが違って当たり前なのだと思えば、

少しは気持ちも楽になるでしょう。


自分の言いたいことを我慢せずに言うことで、

それによって衝突することもあるかもしれませんが、

それは必ずしも悪い事ではないはずです。


人を傷つける言葉や、暴力的な言葉を吐いて、

話し合いがただの罵り合いになってしまうのはNGですが、

人と意見が衝突して自分とは違う考え方を知ることで、

そこから学べるものもあるでしょうし、

それによって自分が成長できるチャンスでもあります。



言いたいことも言えないでいると周りに軽く見られたり、

ストレスが溜まってしまうこともありますし、

自分の意見をあまり言わない人より、

自分の意見をハッキリ言う人のほうが好感を持たれることもあります。


場の空気も読まずに言いたいことを何でもズバズバ言ってしまうのは問題ですが、

自分の言いたいことの70~80%くらいは言えるようにしたいものです。


あとは、自分の意見を言う時の言い方に気を付けることです。

同じことを言っていても、

あの人の言うことはカチンとくるけど、

あの人の言うことは素直に聞けるということがあります。


A 「おい、この書類ちょっとコピーしてこい」

B 「悪いけど、この書類ちょっとコピーしてきてもらえる?」


同じ内容のことを言っていても、

言い方によって相手の受け取り方が全然違ってきます。



自分の意見を相手に伝えるのが目的なのであって、

別にケンカをしたいわけではないのですから、

言い方に気を付けながら上手に自分の言いたいことを言いましょう。

言葉の使い方というのは本当に大事なことです。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
関連記事
スポンサーリンク