それぞれ違う世界を生きているという意味

sdhcjhdjhjhjhjhjdddfdfdfdf.jpg

私たちは1つの同じ世界の中にいるようでも、

本当は人それぞれ見えている景色は違い、

本当は人それぞれ違う世界を生きているのです。



これは数日前に私がツイッターに書いた言葉ですが、

すると、1人のフォロワーさんの方から質問が来て、

「それはパラレルワールドということですか?」と聞かれましたが、

「それぞれ違う世界を生きている」とは、そういう意味ではありません。


例えば、同じ景色を見ていても人によって感じ方や解釈は違います。

Aさんが「ああ、なんて素敵な景色なのだろう」と思えば、

その時のAさんは間違いなく素敵な世界の中にいるのです。


しかし、Bさんが「こんな退屈な景色を見てもつまらない」と思えば、

その時のBさんは間違いなく退屈でつまらない世界の中にいるのです。


AさんとBさんは同じ世界の中にいながらも見えている世界は違うため、

その瞬間、2人はそれぞれ違う世界の中にいると言うことができます。


パラレルワールドとは今の自分がいる世界とは別の世界があり、

その世界の中では今の自分の人生とは違う、

全く別の人生を生きている自分がいるということだと思いますが、

私の言う「それぞれ違う世界を生きている」というのは、

個人がその世界をどう受け取って解釈しているのかによって、

人それぞれ見えてくる世界は違うということです。


ちなみに、「パラレルワールドは存在するのか?」と聞かれれば、

個人的には「ないと思いますが、あれば面白いですね」と感じます。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク