目の前の今をちゃんと見て生きていますか?

15778962462_98a1c7b091.jpg

目の前にある今を捨てて、

過去のことだけを大事に抱えて毎日を生きている人は辛いでしょう。

自分の過去がどんなに素晴らしかったとしても、

過去は幻のようなものです。

今、目の前にその過去はどこにもありません。

それは頭の記憶の中にあるだけで目の前には何もありません。


思い出を大事にすることがいけないと言っているのではなく、

目の前にある今の全てを無視して、

今はない幻のような過去の中に逃げ込んではいけないということです。


毎日が充実して楽しかった過去は今でも忘れたくないでしょうし、

自分が輝いていた過去の中で生きるのは楽しいでしょう。

しかし、その過去は今どこにもありません。


今の自分はその楽しかった日々の延長線上にはいないかもしれませんが、

今はあるのは今だけであり、

今は昔の自分の姿はどこにはありません。

そのことを認めて受け入れることです。


人間というものは今よりも、

すぐに過去や未来に意識を向けてしまいますが、

目の前にあるのはいつでも今だけです。


過去に自分が輝いていた姿は、

たまに写真で見て懐かしんで楽しめばいいのです。

今の自分には今の自分の生活があり、

それを過去の自分と比べる必要はなく、

今は今の自分が大切にしたいモノを大切にすればいいのです。

いつでも「今の自分」が大切にしたいモノを大切にすればいいのです。


昔の写真を見て懐かしむのもいいでしょう。

同窓会に行って旧友に会うのもいいでしょう。

しかし、今の自分が今一番大切にするべきなのは今の自分であり、

今の自分が嫌だからといって過去や未来の中に逃げ込まないでください。


今の自分がどんな状況であろうとも、

逃げることなく今をちゃんと生きてください。

私たちが生きることができるのはいつでも今だけです。

今を大切にして今を一生懸命に生きてください。

私たちは過去や未来ではなく、

いつでも今を生きることしかできないのですから。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク