幸せ引き寄せ宇宙の言葉39

hhhuihdshduuuuuxhjxanxgd.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉39】



1、私たちは「自分という存在」がそれぞれ個別に生きているのではなく、

  本当は誰もが「宇宙の一部として生かされている存在」なのです。

  たとえ、1人きりで孤独を感じているとしても、

  本当は誰もが宇宙という同じ愛の中で繋がっているのです。



2、人はよく過去に意識を飛ばして後悔します。

  「あの時、こうすればよかった」、

  「あの時、そうすべきではなかった」など。

  しかし、その時の自分が「こうしたい」、

  「これがベストだ」と思うことをしたのであれば、

  その結果はどうであれ、

  必要以上に自分を責めることはないでしょう。



3、色即是空、空即是色。

  色しか知らずに色の世界を生きるのではなく、

  空も知ったうえで色の世界を生きることです。

  すると、今までとは見える景色は違ってくるでしょう。



4、人は他人によって変わるのではなく、

  「自分自身で変わろう」と決めた時だけ変わることができるのです。

  他人はそのキッカケや手助けをすることはできますが、

  自分を変える気持ちのない相手にいくら「変わりなさい」と言っても、

  その相手を変えることはできないのです。



5、人は望みが叶った時、

  幸せを感じて喜び目の前の世界がキラキラと輝いて見えますが、

  その喜びや幸せはいつまでも続きません。

  なぜなら、次第にそれに慣れてしまい、

  それが普通になってしまうからです。

  そして、人はまた新たな望みを求めるようになり、

  今ある喜びや幸せに感謝しなくなってしまうのです。



6、人生で「自分のために何ができるか?」を考えることも大事ですが、

  「人のために何ができるか?」を考えることも大事です。

  なぜなら、それは自転車の両輪のようなものであり、

  どちらかだけでは素晴らしい人生を歩めないのですから。



7、自分の思考、行動、観念、

  それらによって人生に何が引き寄せられてくるのか決まるのですから、

  私たちは時々立ち止まり、

  「今の自分の思考、行動、観念は健全だろうか?」

  それを考えてみることも必要でしょう。



8、感謝は愛の波動であり、

  その愛の波動を周りに放射し、

  また自分自身もその愛の波動に包まれることによって、

  人生は素晴らしいものになっていくのです。



9、何でも全て自分次第で変えることができると思うのではなく、

  何が起きても「そういう縁だったのかもしれない」と考え、

  自分のコントロールを手放し宇宙の流れに身を任せてみる。

  このような生き方を取り入れることも大事なことでしょう。



10、人は頭の中で考えようとしてはいなくても、

   勝手に頭の中に自分の意志とは関係なく、

   さまざまな思考や映像が流れ込んでくることがあります。

   では、それは誰がやっているのでしょうか?

   そのことをよく考えてみれば、

   自分という存在は自分の意志だけで動いていないことが分かるでしょう。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク