悩みの無い人生を求めなくてもよいのです

xuunuxuifmuidmfdfuidmfudmfddd.jpg

私たちは誰もが悩みの無い人生を送りたいと思っていて、

「もっとお金があれば悩みは無くなるのに」

「自分の外見がモデルみたいだったら悩みは無くなるのに」

「あの人がもっとこうしてくれれば悩みは無くなるのに」など、

もっとこんなふうに、もっとあんなふうに、

そうなれば自分は悩みから解放されると思いがちです。


確かに、そうなれば今まで悩んでいた問題は解消され、

心の中を覆っていた厚い雲も消えて清々しい気分になれるでしょう。


しかし、それは「今の悩みは無くなる」ということであり、

今の悩みは無くなったとしても、

そこにはまた新しい悩みが出てくるでしょう。


人は生きているかぎり何かしらの悩みは必ず出てきます。

たとえ、どんなに人が羨むほどの生活をしている人であっても、

大金持ちの人には大金持ちの人なりの悩みが、

トップアイドルにはトップアイドルなりの悩みが、

プロスポーツの日本代表選手には日本代表選手なりの悩みがあり、

この世に悩みを持っていない人はいないということです。


一時的には心の中から悩みを無くすことはできますし、

毎日がとても充実して生きていることが楽しくて仕方がないと、

人生がバラ色のように素晴らしい日々を送ることもできますが、

全く悩みのない日々を永久に続けることはできないでしょう。


つまり、人が生きているかぎり悩みは付き物であり、

人は誰もが悩みながら生きることが普通の状態と言えるでしょう。


このように考えてみると、

自分の中から悩みを排除しようとするよりも、

今の自分の中にどのような種類の悩みがあるとしても、

「生きているかぎり悩みがあるのは普通のこと」と思い、

その悩みと上手に付き合っていく方法を考えることがよいでしょう。


悩むことが悪いのではありませんが、

その悩みに心を支配されて人生を重苦しくしてしまうのではなく、

もう少し気持ちを楽にしてその悩みと付き合っていきませんか?

私たちが生きているかぎり何かしらの悩みは付き物なのですから。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク