幸せ引き寄せ宇宙の言葉36

fbfnuismossdgdghghghsduus.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉36】



1、ある人は「人生は苦しみだ」と言い、

  ある人は「人生は喜びだ」と言います。

  それは、苦しことが起こったから、

  喜ばしいことが起こったからそう思うというより、

  自分が最初に「そう考えていたから」そのような現象が起きたということを知れば、

  この世界のカラクリが少しは見えてくるでしょう。



2、人生で新しい景色を見たい気持ちはあっても、

  その新しい景色はもしかしたら期待していた世界とは違う世界かもしれません。

  その不安から今の景色から抜け出せない人もいるでしょう。

  しかし、自分の前に広がる人生の新しい景色というものは、

  その不安を超えて一歩を踏み出した人にしか見ることができないのです。



3、自分は自分の体を通してこの世界を見ていますし、

  他人も他人の体を通してこの世界を見ています。

  同じ世界の中を生きていても違うものを通して見ていれば、

  そこには違う世界が見えてくるでしょう。



4、楽しい、悲しい、嬉しい、つまらない、許せない、自分は不幸だなど、

  それらの感情は空に浮かぶ雲みたいなものです。

  それらの雲は時間が経てば自然に流れていきますが、

  空自体は決して流れ去ることはなく、いつでもそこにあり続けます。

  そして、私たちは雲ではなく、その空こそが「本当の自分」なのです



5、人間関係で何が起きても、

  全て「そういう縁だった」と思うことで、

  起きたその全てを静かに受け入れることができ、

  気持ちを少し楽にすることができるでしょう。



6、私たちは誰もが宇宙の大きな愛に包まれています。

  私たちは誰もが宇宙の大きな1つの命の一部なのです。

  私たちは誰もそこから切り離されることはないのです。



7、過去を悔やんで苦しんでいる時、

  未来が不安で頭を抱えている時、

  そういう時は過去や未来を切り離し、

  ただ今のこの瞬間だけに集中し、

  今できること、今やるべきことを精一杯に、

  ただ目の前の今をしっかり生きることです。



8、努力することは大事なことですが、

  「しなければいけない努力」

  「できれば、した方がいい努力」

  「本当はしなくてもいい努力」

  このことをよく考えてみることも必要でしょう。



9、夢を見ている最中は「今が夢である」ことに気付きません。

  それがリアルであると疑いもしません。

  それが夢であると気付くのはいつも目覚めた後です。

  同じようにこの人生もいつか目覚める時がくるのかもしれません。



10、苦しみや悲しみが嫌だとしても、

   生きている以上はこれからも苦しみや悲しみはやってきます。

   そして、その度にそれらを乗り越えていくのです。

   「生きる」ということはそういうことなのでしょう。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク