幸せは「なる」ものではなく、「感じる」もの

xbsybdyuxnynuiuimuimuuus.jpg

幸せに「なろう」と思えば、

今はまだ幸せではなく手の届かない所にあることになりますが、

幸せを「感じよう」と思えば、

今の自分で感じられる幸せを探してすぐに幸せな気持ちになれるでしょう。


「いつも今の自分で感じることができる幸せを探して感謝する」


そういうことで心の中に温かさがじんわりと広がり、

「ああ、自分は幸せだ」と思うことができるでしょう。


そう考えてみれば、

この世に幸せになれない人はいないことになります。

たとえ、今の自分の状況がどうであろうとも、

今の自分の状況で感じられる幸せは必ずあります。

それが大きかろうと、小さかろうと、

今の自分で感じられる幸せを探せばそこに感謝の気持ちが生まれ、

その感謝の波動が自分を幸せな気分にさせてくれます。


ここで重要なポイントは、

その幸せを「他人の幸せと比較しない」ということです。


幸せとは誰かと比べて感じるものではなく、

自分の内側で個人的に感じるものであり、

自分の幸せは自分で自由に決めることができ、

自分の出した答えが自分にとっては紛れもない幸せなのですから。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク