「自分だけの普通」は自分で好きに決めればいい

波動アセンション

dnuifnuisnunununununununudd.jpg

「普通」には「世間の普通」と「自分だけの普通」があります。


例えば、サラリーマンはスーツを着て出勤することだったり、

道で財布を拾ったら交番に届けることだったりなど、

それらは「世間の普通」になりますが、

朝はいつも起きたらまずコーヒーを飲むことだったり、

毎日必ず瞑想をしていることだったりなど、

それらは「自分だけの普通」になります。


「世間の普通」は誰にでも当てはまりますが、

「自分だけの普通」は他人には普通でなかったりしますから、

他人には理解できないこともあるでしょう。


しかし、誰にも迷惑をかけないのであれば、

他人がどう思うかはあまり関係がなく、

重要なのは「自分が心地よい」と思うかどうかだけです。

「自分だけの普通」は自分で好きに決めればいいのです。


もし、誰かに「それは変だよ」、「これが普通だよ」と言われた時は、

それは「一般的な普通」なのか?

それとも、「その人の中での普通」なのか?

そのことを考えてみるとよいでしょう。


そして、それが「その人の中での普通」であり、

「自分の普通」とは違うのならあまり気にすることはないでしょう。

「その人の中での普通」は誰にでも正しいわけではなく、

こちらにとっては普通でないことも少なくないのですから。


社会の中では人に合わせることも必要ですが、

何もかも無理して人に合わせることはないでしょう。

無理をして全ての人から良く思われようとしなくてもいいのです。

無理をして全ての人から好かれようとしなくてもいいのです。

自分を押し殺してまで人と仲良くするのではなく、

自分が自分らしくいて、相手も相手らしくいて、

それでいてお互い仲良くできる方法を探してみることです。


もし、それで人が離れていったのだとしても、

「その人とはそういう縁だった」と思えばいいでしょう。

人生をあまり難しく考えず気持ちを楽にして生きていきましょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted by波動アセンション

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク