自分は自分の、相手は相手の世界の中で生きています

波動アセンション

nnnnxmiwmxxsgdgbxyusb.jpg

あなたはこの世界で自分がやりたいこと、

信じたいこと、大切にしたいことを一生懸命にすればいいのです。


しかし、自分が見ている世界の正しさは自分だけのものであり、

自分が見ている世界のその正しさを、

相手が見ている世界の中で振り回しても通用しません。

それは日本と外国では法律が違うようなものです。

他人が見ている世界にはまた違う正しさがあることを覚えておくことです。


それはどちらが上で、どちらが下ということではなく、

どちらが気高く、どちらが下劣ということでもなく、

自分も他人もそれぞれの世界の中でそれぞれの正しさがあるということです。


ですから、もし、自分がやりたいこと、信じたいこと、大切にしたいことなど、

それらのことを誰かに否定されたとしても、

それは「その人の世界の中では違う」というだけのことであり、

それが自分の世界では間違いでないと思うのなら何も心配ありません。


なぜなら、その相手はあなたの世界の中で生きているわけではありませんから、

あなたには見えているものが相手の世界の中では見えていないのでしょう。


あなたにはあなたが見ている世界の正しさがあり、

相手には相手が見ている世界の正しさがあり、

この世界は1つしかないわけではなく、

本当は人それぞれ見ている世界は少しずつ違っていて、

それぞれの世界の中にそれぞれの正しさや価値観があるのです。



しかしながら、人間関係のトラブルの原因の多くは、

自分が見ている世界と相手が見ている世界の違いによって起こります。

立場が違えば見えてくる世界もそれぞれ違ってきます。

そのような時は、相手に見えている世界を少し覗いてみようと思うと、

そこに今まで自分の世界には見えていなかったものが見えることがあり、

それがヒントになって人間関係の悪化を防げることもあるでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted by波動アセンション

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク