起きたこと全てを認めるということ

波動アセンション

mdncigubydubuyddiusmudxdxfdfd.jpg

「実際に起きたこと」を「起きなかったこと」にしないでください。

「実際にやったこと」を「やらなかったこと」にしないでください。

「実際に見たこと」を「見なかったこと」にしないでください。


自分にとってどんなに嫌なことであっても、

それを「なかったこと」にするのではなく、

その現実をちゃんと「認めること」です。


まずは起きたこと全てを認めること。


その後にどうすればいいのかを考えることです。

それをせずに「嫌だ、嫌だ」と言い続けていれば、

それはただの現実逃避になって問題は何も解決しないでしょう。


苦しいこと、悲しいこと、許せないこと、受け入れたくないことなど、

生きていればいろいろな出来事にこれからも遭遇することでしょう。

しかし、そこから目を背けて逃げてしまうのではなく、

まずはちゃんと起きたことを認めて現実を見つめることです。


普段から起きることは全て宇宙にお任せすると決めて、

自分の力で対処できることは努力し、

自分の力ではどうしようもないことは素直に受け入れることです。


「仕方がない」、「しょうがない」という言葉は諦めの言葉というよりも、

全てを認めて受け入れた時に使う言葉だと思います。


そうすることで苦しみや悲しみを無駄に長引かせることもなく、

「何でこうなってしまったのか?」といつまでも頭を抱えることもなく、

自分の心を「フワリ」と軽く楽にすることができます。

人生いろいろありますができるだけ前向きな思考で生きていきましょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted by波動アセンション

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク