誰かの不幸の上に本当の幸せを作ることはできません

波動アセンション

nxuenyebxyewnxuiewmxuemxeumxueew.jpg

「自分が得をするなら他人は損をしてもいい」

「自分がお金を儲けられるのなら他人は破産してもいい」

「自分が幸せになれるなら他人は不幸になってもいい」


このように「自分さえよければそれでいい」という考えで、

人を平気で傷つけたり、悲しませたり、騙したり、脅したり、

または、犯罪に手を染めてまで自分の幸せを手に入れようとする人もいます。


しかし、そこでどうしても忘れてはならないことは、

「誰かの不幸の上に本当の幸せを作ることはできない」ということです。

これは決して綺麗事ではなく本当のことなのです。


確かに、少しの間だけならばその方法で喜びを感じることができますが、

その喜びは決して長続きせずにあっという間に消え去ってしまうでしょう。


例えば、丈夫な家を建てるためには土台がしっかりしていなければなりません。

他人の不幸や犠牲の上に自分の幸せを築こうとすることは、

ドロドロの沼地の上に家を建てようとすることと同じです。

そのような土台の上にどんなに立派な豪邸を建てたとしても、

その家はすぐに崩れて流されてしまうことでしょう。


新聞やニュースを見ていればすぐに分かることですが、

詐欺や泥棒などで大金を得ることに成功できたとしても、

その人たちはすぐに捕まり刑務所に入っています。


それでも、世の中ではそのような犯罪が後を絶ちませんし、

これから先もそれらを完全に無くすことは無理なのかもしれませんが、

「誰かの不幸の上に本当の幸せを作ることはできない」

このことをしっかりと理解している人が少しでも増えれば、

わざわざ、腐った土台の上に楽をして家を建てようとする人も減るでしょう。


本当に幸せになりたいと思うのなら、

腐った水の中に花の種を撒かないでください。

本当に幸せになりたいのなら、

本当に幸せになれる行動をするしかありません。


それはすぐに芽が出るわけではなく時間のかかることかもしれませんが、

いくら時間や手間のかかることだとしても、

それが本当の幸せを手に入れるための最善の方法なのです。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted by波動アセンション

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク