親友という素敵なダイヤモンドを大切に

波動アセンション

xngdsumgdufuidcnduimix.jpg

今あなたには友達が何人いますか?


世の中では友達は多ければ多いほどいいと考えられがちですが、

本当は友達の数が多ければ良く、少なければダメというわけではありません。

もし、友達の数に良い悪いがあるとするならそれは自分が決めればいいのです。

ですが、世の中には友達が少ないことを恥のように感じている人もいます。


「友達が少ない自分はダメで価値が無い」

「友達が少ない自分は人間としてどこか欠陥がある」

「友達が少ない自分は社会不適合者である」


ただ、「友達が少ない」というそれだけの理由で自信を無くし、

自分で自分に「ダメ」のレッテルを貼って苦しみ、

自分自身を責めて心や体を傷つけてしまっている人もいます。


もちろん、友達が多ければ賑やかで楽しいですし、

多くの友達からいろいろな情報を得ることもできますから、

友達が多くて損をすることはありませんが、

友達が少ないからといって不幸になるわけでもありません。


初対面で誰とでも明るく喋ることができる人もいれば、

人見知りで時間をかけないと人と喋ることができない人もいます。

それによって友達を多く作れる人もいれば、そうではない人もいますが、

そうではない人は友達の数を増やすことよりも、

気の合いそうな1人と時間をかけてゆっくり親交を深めて、

その人と親友になることを考えてみるのがいいと思います。


友達と呼べるような人がほとんどいないとしても、

私たちは誰かと友達の数を競い合ったり、

友達の数を自慢しながら生きているわけではないので、

親友と呼べる人が1人でもいればそれでよいのではないでしょうか?


親友の定義は人それぞれ違うでしょうが、

個人的には自分の深い悩みや弱さなどを全てさらけ出し、

それを本気で受け入れてくれる人が親友と呼べるものだと思っています。

それは「普通の友達」にはなかなかさらけ出せないものです。


「普通の友達」がダイヤモンドの原石であるとすれば、

「親友」はピカピカに磨かれた素敵なダイヤモンドでしょう。

多くのダイヤモンドの原石を磨きながら楽しく暮らすことも素敵ですが、

すでに素敵なダイヤモンドを1つでも持っているのなら、

それだけで自分に素敵な光を浴びせてくれているのです。

そのことに気付いてどんな時も自分のそばにいて力になってくれる、

そんな「親友という素敵なダイヤモンド」を大切にしてください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted by波動アセンション

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク