人生という映画のストーリーを楽しみましょう

波動アセンション

hdjcfdchfjmcfojfj.jpg

「人生は自分の力で変えることができる」

「人生はもう全て決まっていて変えることはできない」


あなたはどちらの言葉を信じるでしょうか?

ただ、これはどちらが正しくてどちらが間違いということではありません。

なぜなら、それは自分がどの視点で見ているかによって答えは違うからです。


例えば、映画は最初から最後まですでにストーリーが決まっていますが、

その映画の中にいる主人公にしてみれば、

「自分の力で運命を変えてやる!」と思うでしょうが、

その映画を家のテレビで見ている人にしてみれば、

「今更ストーリーを変えることはできない」と思うでしょう。


それと同じようにあなたの人生も、

自分の力で人生を変えようと努力して頑張るのもいいですし、

全ては決まっていて変えられないと気楽に生きてもいいのです。


このようなことを書いてしまうと、

後者の考えでは「それなら努力しても無駄」、「つまらない」など、

人生を諦めて無気力になってしまうと思うかもしれませんが、

決してそのようなことにはなりません。


なぜなら、映画は誰もが内容は全て決まっていることを知っています。

それでも、ワクワク、ドキドキしながら楽しんで見るわけでしょう?

「ストーリーが全て決まっているのならつまらないから見ない」とは思いません。

それと同じで自分の人生は全て決まっていると思っている人たちも、

自分の人生で何が決まっているのかは分からないのですから、

つまらないと無気力になってしまうことはないのです。


自分の人生を映画の主人公の視点で見ていても、

その映画を見ている人の視点で見ていても、

どちらが正しくてどちらが間違いということではなく、

人生はどちらの視点で生きてもよいのです。


では、私はどちらの視点で自分の人生を見ているのかというと、

それはその時によって人生を見る視点を変えています。

自分の力でどうにかできると思うことは努力をしますし、

自分の力ではどうすることもできないことについては、

「これは最初から決まっていたのだ」と運命として受け入れています。


大事なことは人生をどちらの視点で生きるかというよりも、

どちらの視点でもいいですから「人生を楽しむ」ということです。

映画の主人公の視点で自分の力で人生を切り開き楽しんでもいいですし、

家で映画を見ている人の視点でリラックスしながら、

「次は何が起きるのか?」、「自分の人生はどこに繋がっていくのだろう?」

そのように自分の人生ストーリーを楽しんで生きてもいいのです。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted by波動アセンション

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/14 (Tue) 22:08 | EDIT | REPLY |   
波動アセンション  

こちらこそブログを見ていただいてありがとうございます。このブログが少しでもあなたの心の癒しになるのであれば幸いです。

2017/11/16 (Thu) 09:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

スポンサーリンク