よく考えてみれば自分の望みは叶っていたということ

波動アセンション

nhnuexfmssddxfumxf.jpg

世の中には今の自分の学校や仕事が嫌で辞めたいという人も数多くいます。

ですが、その学校や仕事を選んだのは誰でしょう?

そこに入りたいと願い、そのための行動をしたのは誰でしょう?

そのことを考えてみれば、最初の自分の望みは叶っていたことに気づくでしょう。


人によっては、

「自分は好きで今の会社に入ったわけではない!」

「生活していくために我慢して今の仕事をしているんだ!」

「望んだ学校に落ちたから仕方なく今の学校に通っているだけ!」

そのように反論する人もいるかもしれません。


たとえそうだとしてもよく考えてみれば、

今の好きでもない仕事や仕方なく今の学校に通っているということ、

それを決めたのは紛れもなく自分自身なのではないでしょうか?

誰かに無理やりその場所に行かされているわけではないのでしょう?


今の学校や仕事は自分が望んだ場所ではないと言いながらも、

その学校を受験して最終的に入学すると決めたのは誰ですか?

その仕事の面接に行き「ここで働きたい」とアピールしたのは誰ですか?


それは紛れもなく自分自身なのではないでしょうか?


自分が望んで入った場所ではないと言いながらも、

実際にその場所に入るための行動をしたのは自分自身なのです。

そのことを考えてみれば自分の望みは叶っているのです。


もちろん、人は最初の気持ちや喜びは時間と共に薄れていくものです。

最初は新しい環境でやる気に満ちていても「慣れ」というものが出てきて、

「ここで頑張ろう!」という気持ちも徐々に変わっていくこともあるでしょうし、

「やっぱり、どうしても今のこの場所は失敗だった。もう嫌だ・・・」

そのように思うのなら今の場所を離れて他の場所に移ればよいのです。


一番やってはいけないことは、

「こんな仕事なんかやってられない!」

「こんな学校なんかウンザリだ!」

そう言いながらもズルズルとその場所に居続けることです。


本当に嫌ならば辞めればよいのにそれはするつもりはない、

もしくは、何らかの事情でその選択はできないというのなら、

今の自分の現状を嘆いているのではなく気持ちを切り替え、

「何とか少しでも今のこの場所を楽しむ方法はないだろうか?」

そのように今の自分が見ている世界を自分で変えていくことです。


自分が一番心から切に望んだ場所には行けなかったとしても、

今の場所もある意味では間違いなく自分が望んだ場所なのです。

心が折れそうな時はそのことを少し思い出してみてください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Posted by波動アセンション

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク