幸せを感じる心を動かしましょう

xenksizkidddxwmxwmdd.jpg

「幸せになりたい」といつも言っている人は、

今の自分で感じられる幸せを感じようとしていないのです。


この世界の全ての誰もが「これこそが幸せである」という、

絶対的な価値のある幸せというものがあるわけではなく、

まして、幸せとは目の前にポン!と出すことができる形あるものでもなく、

幸せとは個人が「自分の心で感じるもの」なのです。


例えば、毎月のお小遣いが1万円の人が「自分は幸せだ」と思えば、

それは誰が何と言おうとその人は幸せなのであり、

毎月のお小遣いが100万円の人が「自分は不幸だ」と思えば、

それは誰が何と言おうとその人は不幸なのです。


「結婚して家庭を持ち子供を育てることが幸せ」

そのように思っている人は結婚していなければ幸せではないでしょう。

しかし、「1人で自由気ままにのんびり生きることが幸せ」

そのように思っている人は結婚していなくても幸せなのです。


また、「結婚することが幸せだ」と考えている人は、

いつまでも独身でいる人を見ると「寂しそう」、「可愛そう」など、

自分の価値観でその人を「幸せ」か「不幸」かに分けてしまいがちですが、

それは自分が勝手にそう思うだけのことであって、

その人は「結婚しない幸せ」を選んでいるだけなのかもしれません。


最初から「幸せ」と「不幸」というものが存在しているわけではなく、

自分がそれを「幸せ」と思うのか?「不幸」と思うのか?

そのことについてどう感じるのかという自分の心があるだけなのです。


ですから、「幸せになりたい」といつも言っている人は、

今の自分で感じられる幸せを探してその幸せを感じてみてください。

その幸せを他人がどう思うかは関係ありません。

自分が幸せだと感じられるものがあればそれは紛れもなく幸せなのです。


幸せは自分の心で感じるものですから、

幸せを感じる心を動かさなければいつまでも幸せを感じられません。

幸せはいつでも自分の心が決めるということを忘れず、

幸せを感じる心をどんどん動かして身近な幸せをキャッチしてみてください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク