無財の七施

deubytexnvuicjduixjsxjuidxjdu.jpg

仏教に「無財の七施」(むざいのしちせ)という言葉があります。


1、眼施 (がんせ) 

  優しい眼差しで接する


2、和顔悦色施 (わがんえつじきせ)

  にっこり笑顔で接する


3、言辞施(ごんじせ)

 思いやりに満ちた温かい言葉


4、身施(しんせ) 

 自分の身体を人のために使う


5、心施(しんせ)

  気配り、心配り、思いやりの心


6、床座施(しょうざせ)

  席や場所を譲る


7、房舎施(ぼうしゃせ)

  寝る場所を提供する



これはどんなにお金が無くても、物が無くても、

誰でも周りの人に喜びを与えることができるというものです。

どれも難しいことは何一つありません。


房舎施の「寝る場所を提供する」というのは、

自分の家に訪ねてきた来客を部屋に通してくつろいでもらったり、

遠くから来ている人であれば家に泊めてあげるという意味であり、

誰でも闇雲に家に招き入れてあげるという意味ではありません。


自分にお金が無くても、物が無くても、

自分の心次第でこんなにも素晴らしいことができるのです。

どれも難しくてできないということはありません。

ただ、自分にそれをする心があるかどうかだけです。


これを実践して生きることにより、

多くの人に喜びを与えることができますし、

また、自分自身の波動も上げることができます。


「無財の七施」

これは誰でも今すぐにでも実践できますし、

これは自分の人生を楽しく平和にするために大切なことです。

もし、人のためにやることは嫌だというのなら、

自分自身のために実践してみてはいかがでしょうか?


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク