親にネガティブなセルフイメージを植え付けられてしまった人へ

vtvrtvyvrtcretcvercere.jpg

親に「お前は優しくて素晴らしい子だよ」

そう言われ続けて育った子供はその通りになりますし、

親に「お前は頭の悪い価値の無い子だよ」

そう言われ続けて育った子供はその通りになります。


なぜなら、小さい子供は純粋ですから、

親の言っていることが正しいかどうかよりも、

親の言ったことを何でも受け入れてしまいがちです。


ですから、親に「お前には価値が無い」と言われて育った子供は、

「自分は価値の無い人間である」というセルフイメージを持ちます。


すると、その子供はそのような波動を宇宙に放射することになり、

そのような現実が引き寄せられてきますから、

「ああ、やっぱり自分は価値の無い人間なんだ」と感じ、

そのセルフイメージをさらに強固にして潜在意識に刻むことになり、

これからもそのような現実が終わることなく引き寄せられてしまいます。


親に「お前は価値が無い」と言われて育ったため、

子供がそのような人生になったというよりも、

親に言われた言葉を真実であると思い込み、

子供自身が「自分には価値が無い」と認めて育ったため、

そのような人生になってしまうのです。


子供の頃、親にネガティブな言葉を言われ続けて育ってしまい、

大人になっても子供の時のセルフイメージままの人も少なくありませんが、

知らないうちに自分自身で作り上げてきてしまった、

今のその自分のネガティブイメージを変えて人生を変えましょう。


ここで一番大切なことは「自分を愛する」ということです。

まずは自分自身を否定することはやめて、

自分はかけがえのない唯一無二の大切な存在なのだと気付き、

自分の全てを肯定し受け入れてあげてください。


あなたは今までたくさん苦しんできたはずです。

もうこれ以上、今まで自分自身で作り上げてしまった虚像、

自分のネガティブイメージの海に溺れないでください。

自分のセルフイメージをポジティブなものに変えて、

これからの自分の人生のストーリーを変えていきましょう。

そして、今までとは違う素晴らしい人生のストーリーを楽しんでください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク