人生に対してポジティブな思考と態度をとりましょう

ewxwgxgwexe8ikxuwexjd.jpg

「人生はつまらない」、「人生は苦しいものだ」、「人生は不公平だ」など、

人生をそう思っている人はそのような経験があったからというより、

「人生をそのような目で見てしまっているから」なのです。


「人生はつまらない」と思いながら生きていれば、

つまらないものばかりに目が留まるようになり、

「ほら、これもつまらない、あれもつまらない」と思い、

そして、「ああ、やっぱり人生はつまならい」となるのです。


「人生は苦しいものだ」、「人生は不公平だ」と思っている人も同じです。

人生をそのように思いながら生きているからこそ、

苦しいものや不公平なものが人生に引き寄せられてくるのです。

そして、「ほら思った通り、人生は苦しいでしょ?不公平でしょ?」と、

そのように人生でマイナスのパターンを繰り返してしまうのです。


ネガティブなことではなくポジティブなこと、

心を暗くするものではなく心を明るくするもの、

闇に目を向けるのではなく光に目を向けることです。


どのような状況になっても希望の光は完全に消えることはありません。

光が消えたと思っているのは光の方向を見ようとしていないからです。

後ろばかり見ているのではなく前を見てください。

希望の光は後ろには無く前にしか存在しません。

どんなに小さくマッチ1本のような弱々しい光だとしても、

一歩ずつゆっくり前に進みながら少しずつ本数を増やしていけばよいのです。


全ては自分の心の持ち方と考え方1つでいろいろなことが変わります。

出来事の受け取り方も変わりますし、

自分の精神状態も変わりますし、

人に与える印象も変わります。


毎日、1日の終わりにその日に起きた感謝の数を数えてみてください。

その日の朝から寝るまでの自分の1日を思い出しながら、

「これは感謝できること、あれも感謝できること」というように、

小さなことでもいいですから最低でも10個の感謝を考えてみてください。

それを習慣にして「毎日感謝の数を数えなければ気持ち悪い」というように、

そのような深いレベルにまで自分の中に落とし込んでしまえば、

人生に対してポジティブな思考と態度が自然とできるようになるでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク