波動の4つの法則

mhxmsdzxdnnzxinxzinx.jpg

この世の中にあるものはどんなものにも波動があり、

それぞれが固有の振動数で絶えず振動を繰り返していて、

波動というものは周囲のものに影響を与えています。

それは実際に目で見ることはできなくても感じることはできます。


例えば、「この人は何か雰囲気が良い」と思ったり、

「この人と一緒にいるとなぜか落ち着く」と思ったりなど、

そのような時には自分がその相手の波動を感じているからです。


波動の世界に詳しかった経営コンサルタントの船井幸雄さん曰く、

波動には4つの法則があるといわれています。


1、 同じ波動は互いに引き合う法則

これは「類は友を呼ぶ」と言えば分かりやすいでしょう。

スポーツが好きな人にはスポーツが好きな人たちが寄ってきますし、

映画が好きな人には映画が好きな人たちが寄ってきます。

自分と同じ波動を持った者は自然と寄り集まるのです。


2、 違う波動のものは反発し合う法則

これはさきほどとは逆のことです。

健全な人は反社会的な人と友人になりたいとは思わないですし、

反社会的な人も健全な人を利用したいとは思っても、

友人になって酒を酌み交わしたいとは思わないはずです。

水と油が反発し合うのが当然のように、

お互いに放射している波動が違えば当然反発し合いますから、

一緒にいても「何か居心地が悪い」と感じてしまうのです。


3、 自分が出した波動が自分に返ってくる法則

これは「自分が与えたものが自分に返ってくる」ということです。

相手に優しさを与えれば自分にも優しさが返ってきますし、

相手の悪口を言えば自分にも悪口が返ってくるということです。


4、 優位の波動は劣位の波動をコントロールする法則

これは高い波動の方が低い波動の方よりも強いということです。

高い波動とは粒子が小さく振動が細かいものだといわれています。

例えば、愛、感謝、平和、優しさ、友情、ポジティブなど、

そのようなものが「優位の波動」だと考えてよいでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク