気持ち良く働くために気をつけておくべきこと

xdxdsvcfcvghgbnh.jpg

仕事であなたの後輩が大きなミスをした場合、

あなたはその後輩にどのような態度をとるでしょうか?

もちろん、笑って許すようなことはせずに厳しい言葉を言うとは思うのですが、

「怒ること」 と 「叱ること」は違うということは覚えておいてください。


怒るというのは自分の感情をただ爆発させているだけですが、

叱るというのは何がいけなかったのかを相手にしっかりと教えてあげることです。



そこには愛があります。

怒ることには愛はありませんが叱ることには愛があります。

ですから、相手を叱った後には必ず何らかの優しさを見せてあげてください。

そうすれば、相手も素直に自分のミスを反省できるはずです。


とはいうものの、仕事で誰かが大きなミスをした時は腹が立つことでしょう。

「どうしてこんなことになってしまったのか!」

「何でこれくらいのことができないのか!」

「一体、今まで何をしていたのか!」

ミスした相手に対して大声で叱責したくもなるでしょうが、

脅し文句のような暴力的な言葉を浴びせたり、

相手の人格を否定して自尊心を傷つけるようなことはしないでください。

また、相手を殴ったり蹴ったりすることは論外です。

それは教育ではなくただの暴力ですから絶対にしてはいけません。

そのような行為は相手だけでなく自分自身にも職場全体にも悪い影響を与えます。


また、仕事で誰かがミスをして叱られている姿を見て笑うような人もいますが、

自分と同じ職場にいる人たちは敵ですか?

職場の人たちは必ずしも友達ではないかもしれませんが、

職場の人たちは自分と毎日同じ職場で働いている仲間です。

みんながそれぞれの仕事をこなして1つの大きな目的に向かっている仲間です。

その仲間のミスを笑ったりバカにしたり傷付けたりしないでください。


また、お互いの意見がぶつかり合って対立してしまうことがある場合でも、

お互いの意見を交換するのが目的であってケンカするのが目的ではないのですから、

相手に対する自分の言葉の使い方と言い方には気をつけるべきです。

感情的になりお互いに暴力的な言葉を使い始めてしまうようになってしまえば、

それはもう話し合いではなく罵り合いになってしまい、

当初の目的を忘れて相手を否定することだけに必死になってしまいます。


仕事の人間関係の悩みやトラブルというものはどこにでもあるものですが、

毎日同じ職場で働くのですから気持ち良く働きたい気持ちはみんな同じはずです。

職場の全員が少しでも「目配り、気配り、心配り」を意識するようになることです。

そうすると職場全体の波動が徐々に上がってくるようになります。

職場の波動が上がれば人間関係も改善されてスムーズになっていきますから、

それによって仕事の能率も上がりそれが良い仕事に繋がっていきます。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク