自分の名前の意味について考えたことがありますか?

xdsfcxergcrtgwrthtchef.jpg

この世に名前の無い人はいません。

誰もが1つ自分の名前を持っています。

それはあなたがこの世に誕生してから親から一番最初に貰った素敵なプレゼントです。


人によっては自分の名前があまり好きではないという人もいるでしょうが、

自分の子供に適当な名前を命名する親はいません。

あなたの名前がどのような名前であれ、

あなたの名前には必ず何らかの意味と願いが込められていて、

あなたの親はあなたが産まれるその時を心待ちにしながら、

あなたがまだ母親のお腹の中にいるときから一生懸命に考えてくれたものです。


例えば、「太郎」という名前を命名された男性なら、

桃太郎や金太郎のように力強く生きてほしいという意味が込められていたり、

「美咲」という名前を命名された女性ならば、

花が美しく咲くように煌びやかに生きてほしいという意味が込められていたり、

あなたの名前にも必ず何らかの意味が込められているはずです。


最近では、キラキラネームと呼ばれる難解な名前も多くなり、

その漢字を見ても何と読むのか分からない難しい名前もありますが、

そのような名前も親が子供のために一生懸命に考えてくれたものであり、

その名前に込められた大切な意味が必ずあるのです。


しかし、あまりにも常識離れしているような名前であったり、

その名前では日常生活に支障をきたし普通に暮らすことが困難という場合もあります。

そのような場合はいくら親が一生懸命に考えてくれた名前だとしても、

本人が望むのなら名前を改名するということを認めてあげるべきでしょう。


また、難しい漢字で読みにくい名前であるというわけではなくても、

「悪魔」、「水子」などのような名前はその意味を考えたり、

これからその名前で人から呼ばれて生きていかなければならないということや、

その名前で子供が成長していく過程でどのような影響が出るのかを考えてみると、

役所でそのような名前は受理しないという判断も必要なことでしょう。


さて、あなたは自分の名前がどのように決まったのかを知っていますか?

自分の名前には誰のどのような意味が込められているのかを知っていますか?

もし、そのようなことは今までハッキリとは聞いていないというのであれば、

親に自分の名前の意味について詳しく聞いてみてはいかがでしょうか?

そして、今の自分はその名前に込められたような生き方ができているか?

その名前に恥じないような生き方をしているか?

そういうことを少し考えてみるのもよいでしょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク