私たちは目には見えない世界によって「生かされている」

znenyuxnweynwemerw9.jpg

私たちは自分の意思で「生きている」というよりは、

目には見えない宇宙の大いなる力によって「生かされている」存在なのです。


例えば、大きな自然災害に遭って同じ場面にいながら、

残念ながら亡くなってしまわれた方もいれば、助かった方もいますし、

戦争で爆弾や銃弾が飛び交う危険な同じ場面にいながら、

残念ながら命を落としてしまった人もいれば、無事に生還できた人もいます。


それはただ「運が良かった」ということではなく、

あなたにはこの世でまだ学ぶべきことがあり、役目があり、

これからも魂を成長させるためにやるべきことがあるために、

「あなたはまだ死ぬべきではありません」という、

目には見えない世界からのメッセージなのです。


個人的な経験を言わせてもらえば、

私は十数年前に交通事故に遭いました。

私にはその時の記憶は全くないのですが目撃者から聞いた話によると、

自転車で青信号を渡っている時に信号無視のバイクに跳ね飛ばされたそうです。

私はそのまま救急車で運ばれて気が付いたらベッドの上で寝ていました。

医者からは「死んでいても不思議ではなかったですよ」と言われ、

「お年寄りだったらきっと助かっていなかったでしょう」とも言われましたが、

私は特に大きな怪我もなく後遺症もありませんでした。

その時、私は宇宙から「まだ死ぬ時ではない」と言われたのだと確信しました。


私たちは誰もがいつ自分に死が訪れるのかは分かりませんが、

あなたが今こうしてこの世に「生かされている」ことには必ず意味があります。

ですから、決して自分の命を無駄にしてこの世から逃げるようなことはせず、

今日も自分が「生かされている」ことに感謝し、

自分の魂が再び目には見えない世界へ帰る時が来るその日まで、

私たちは毎日を精一杯に全力で魂を成長させながら生きていきましょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク