誰もが誰かに支えられて生きています

saijddusnnmow.jpg

あなたは現在、自分を支えてくれている人がどれだけいますか?

勉強や仕事を支えてくれる人、経済的に支えてくれる人、

精神的に支えてくれる人、陰ながら支えてくれる人、

親、妻や夫、子供、親戚、友人、恋人、仕事のパートナー、近所の人など、

きっと多くの人たちに支えられていることに気付くでしょう。


そのように考えてみれば、

いつも当たり前のように自分の傍にいてくれて、

自分を支えてくれている人たちに感謝の気持ちが湧いてくるはずです。


何か嫌なことや辛いことがあっても、

自分を支えてくれている人たちがいるからがんばれる。

自分を応援してくれている人たちがいるからがんばれる。

自分には帰るべき温かい場所があるからがんばれる。

その人たちを悲しませたくないし、笑顔にしたいからがんばれる。



そういう人たちがいるということは本当に心強いものですし、

そういう人たちのおかげで今の自分があるのです。


特に、まだ小さい子供たちは親がしっかりと支え、

子供たちが「自分は1人じゃない。いつも見守られているんだ」と、

精神的に安心できる居場所を作ってあげてください。


人が生きていくためには大人にも子供にも愛が必要です。

誰もが誰かに支えられながら、そして、自分も誰かを支えながら生きています。

人は誰もが1人きりでは生きていくことはできません。

それらの支えが全く無い時間が長ければ長くなるほど、

心に中にポッカリと穴が空き、その穴にネガティブな感情が入り込み、

人は誤作動を起こしてしまうことになってしまうかもしれません。

自分を支えてくれる人たちに感謝してください。

その感謝の波動は必ず自分自身に幸せを運んできてくれるのですから。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク