この世界は生きていく価値のある世界です

degtrwhjytjkyukm.jpg

とても悲しく、とても苦しく、

心が壊れてしまいそうな出来事があった時、

「もう死んで楽になりたい・・・」と、

そんなことを思ってしまう人もいるでしょう。


しかし、自ら死を選んで肉体は滅んだとしても、

魂は永遠に滅びることはありません。

魂とはエネルギーであり、

魂とは波動の存在であり、

魂は永遠に存在し続けるのです。


ですから、「死んだら楽になれる」という考えは間違いなのです。


悲しさから逃れるために死を選んでも悲しさは残ります。

苦しさから逃れるために死を選んでも苦しさは残ります。



またそれだけでなく、

自分が自ら死を選んだことによって、

残された他の人たちに新たな悲しみや苦しみを与えることになるのです。

それはとても大きな罪なのです。

自ら命を絶つということは殺人と同じことです。

そのことを決して忘れないでください。


死んでしまいたいくらいの悲しみや苦しみに遭遇してしまった時、

その絶望感によって人は一時的に心が麻痺してしまうかもしれません。


しかし、いずれ穏やかな心を必ず取り戻すことができます。

その悲しみや苦しみを乗り越えられる時が必ず訪れます。

それはすぐにではないかもしれません。

しばらくは心の中が嵐のように波打つ日々が続くかもしれません。

もしかしたら、数年の月日が必要になるかもしれません。


それでも、ゆっくりと静かに夜が明けていくように、

心の中にゆっくりと静かに光が差し込んでくる時が必ず訪れます。


この世界は綺麗なお花畑ばかりではなく、

時に灰色の憂鬱な世界を見せてくることもありますが、

それでも、この世界は生きていく価値のある世界なのです。


心の平和を何よりも大切にして、

いつも宇宙と繋がっていてください。

あなたのために祈ります。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
関連記事
スポンサーリンク