悪口を言われたり批判されたりした時の対処法

etcthytvte.jpg

どんな人でも誰かに悪口を言われたり批判されたりすれば良い気分にはなりません。

カチンと頭にきて言い返してあげたくもなるでしょう。


しかし、悪口や批判を言われてすぐに腹を立ててしまう前に、

「その悪口や批判が正しいかどうか」を考えてみることです。

なぜなら、悪口や批判の中にも真実が含まれている場合があるからです。


「あの人って挨拶しても挨拶を返してくれないから感じ悪いよね」

と近所の人からコソコソと悪口を言われてそれが真実なら、

これからはしっかり挨拶をするようにすればいいでしょう。


「あなたはいつも口だけで何も行動しないよね」

と仕事で批判をされてそれが真実なら、

これからは口だけではなくしっかり行動するようにすればいいでしょう。


冷静に考えて自分に非があると思う場合には、

たとえそれが耳が痛くなるような言葉であったとしても、

素直に受け止めて自分の悪いところは直すようにすればいいのですが、

それが真実でなかったり、変な誤解をされているような場合には、

「それは違います」とハッキリと言って説明すればいいのです。


しかし、中には間違いを説明したにもかかわらず、

悪口や批判を止めようとしない人たちもいます。

そういう人たちは誰かの悪口を言ったり批判をすることによって、

自分たちのストレスを解消していたり、ただ面白がっているだけなので、

そういう人たちにとってはその悪口や批判が真実かどうかは関係なく、

ただ自分たちの気持ちがスッキリできればそれでいいという人たちです。


そういう人たちに腹が立つのは分かりますが、

それに感情的に反応してしまったら相手の思うツボでしかありません。

そういう人たちは相手にせず関わりを持たないようにすればいいでしょう。


【悪口を言われたら柳に風と受け流す。

 自分が清らかで優しければ「念返し」で悪い念は相手に戻る】

( 美輪明宏)



今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
関連記事
スポンサーリンク