良いことは毎日必ず起こります

xrfgtrhyjytjfrgr.jpg

毎日どんな小さなことでも必ず良いことが1つは起こります。

お昼に食べたランチが安くておいしかったとか、

長い間連絡を取っていなかった友人から電話がかかってきたとか、

普段はあまり喋ったこともない人から挨拶をされたとか、

そんな何気ない些細なことでも全て「良いこと」なのです。


少なくても1日1つ良いことがあるということは、

1週間で7個、1カ月で30個、1年では365個、

最低でもそれだけ自分に良いことが起こるということになります。


しかし、その「良いこと」というのは本当に小さいこともあるので、

見ようとしなければ見えないこともあります。

気付こうとしなければ気付けないこともあります。


大切なのは自分がそれらをキャッチできるアンテナを持っているかどうかです。


もし、そういうことが見えなかったり気付けなかったり、

「そんな小さなこと」と思って受け取らなかったりすれば、

せっかくの「良いこと」がそのまま流れていってしまいますから、

「今日はこんな良いことがあった」という1日が、

「今日は特に良いことは無かった」という1日になってしまいます。


それはとても勿体ないことですから、どんなに小さくて些細なことであったとしても、

自分にもたらされた「良いこと」にどんどん気付いて、どんどん受け取ってください。


また、手帳に今日起きた「良いこと」を毎日記しておけば、

その手帳は「良いこと」ばかりが書いてある幸せの手帳になるので、

その手帳を開くたびに幸せな気持ちになることができます。


逆に、手帳に「今日はこんなに腹の立つことがあった」

「今日はあの人にこんなことを言われた」というような、

今日起きた「嫌なこと」を毎日記していれば、

その手帳は汚れたマイナスの波動を放ち自分自身に悪影響を与えることになります。

物にも波動がありますからそれは絶対にやめてください。


今日はどんな良いことが起きるのかワクワク、

今日はどんなおいしいものを食べれるのかワクワク、

今日はどんな出会いがあるのかワクワク、

毎日をそんなふうにワクワクしながら生きることができれば毎日が楽しくなります。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
関連記事
スポンサーリンク