2019年09月

幸せ引き寄せ宇宙の言葉41

hhjhjhxdgdjhdsjfgghggdsjdhsoei.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉41】



1、どんな悲しみや苦しみに出会ったとしても、

  「これは自分の力ではどうしようもなかった」

  このことを認めて受け入れることで、

  また新たにゆっくりと前に進んで行くことができるでしょう。



2、「人のために」と頑張ることも大事ですが、

  「自分のために」と頑張っていたことが結果的に「人のために」なることもあります。

  「自分のために」と努力してきたことが誰かの励みになることもあります。

  自分が今やりたいことがあるのならそのことに一生懸命に力を注いでください。



3、自分は決して自分の力だけで生きているのではありません。

  自分1人の力で成功したと思うのは傲慢でしかありません。

  だからこそ、誰かが困っている時には手を貸し、

  誰かが泣いている時には肩を貸してあげてください。

  そういう気持ちを忘れなければ宇宙はいつでも暖かな光で優しく包んでくれます。



4、過去に自分が経験した負の経験は、

  今その経験で苦しんでいる人たちのための力になってあげてください。

  過去にイジメで苦しんだことがある人は、

  今イジメで苦しんでいる人の力になってあげてください。

  過去に大切な人を失った経験がある人は、

  今大切な人を失って悲しんでいる人の力になってあげてください。



5、人生は「どうにもならない」と思うことが起きても、

  実際には「どうにもならないなりに、どうにかなっていく」ものです。

  自分の人生を振り返ってみれば今まで「どうにもならない」と思うこともあったのに、

  それでも今こうしてちゃんと生きているのですから。



6、どんなにリアルに感じた夢であっても目が覚めてしまえば泡のように消えてしまいます。

  同じように、私たちが今リアルに感じているこの人生というものも、

  目が覚めてしまえば泡のように消えてしまうのかもしれません。



7、人生で起きることは全て縁次第です。

  宇宙の流れの中で「そのようになっていたこと」が起きるだけです。

  好きな人と結ばれることも、願い叶わず離れてしまうことも、

  全ては「そのような縁だった」ということなのです。



8、人生で新しいことにどんどんチャレンジしている人は失敗の不安がないからではなく、

  不安はあっても前に進む勇気があるからでしょう。

  失敗の不安がない人はいませんし、誰にでも不安はあります。

  「不安だからやめる」か「不安でも一歩進むか」の違いなのです。



9、私たちは1つの同じ世界の中にいるようでも、

  本当は人それぞれ見えている景色は違い、

  本当は人それぞれ違う世界を生きているのです。



10、過去の自分がどうであったかとか、未来の自分はどうなっているとか、

   そんなことよりも、「今の自分がどのように生きているのか?」

   これ以上に大切なことはありません。

   過去を悔やんだり、未来に不安を持つことが悪いということではなく、

   それよりも今の自分が今できることを精一杯にやることです。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



スポンサーリンク