2018年08月

幸せ引き寄せ宇宙の言葉35

unudmcudxyugyunuynuyn.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉35】



1、別れは悲しいかもしれません。

  しかし、別れの後には必ず「新しい出会い」が待っています。

  自然な流れの中での別れならば、

  その別れに執着するのではなく、

  今までに感謝して静かに手を振り、

  新しい出会いを楽しみましょう。



2、自分のコンプレックスはできるだけ最初から相手に見せておけば、

  こちらを嫌だと思う人は最初から寄ってこないでしょうし、

  寄ってくる人はすでにそれを理解したうえで来てくれるのですから有難いですし、

  自分としても楽でしょう。



3、人生は自分の力で変えることができようと、

  人生はすでに最初から決まっていようと、

  私たちは今自分がやりたいこと、

  今大切にしたいことをこれからもしていくだけです。



4、「真面目に生きていれば良いことがある」とよく言われますが本当は少し違います。

  この世界は自分が与えたものが自分に返ってくる仕組みですから、

  いくら真面目に生きているとしても、

  自分が外側に何も与えなかったとしたら何も返ってこないのです。



5、「自分は人に好かれない」と言う人は、

  その人が自分自身を嫌っている場合があります。

  自分は自分のことを嫌いなのに、

  人は自分のことを好きになってほしいと思うのはおかしな話です。

  人に好かれたいのならまず自分が自分のことを好きになることから始めましょう。



6、何かを心配しても、しなくても、

  物事は起きる時に起きていきます。

  何かに執着するのではなく、

  自分のコントロールを手放して、

  何が起きようと全てのことを宇宙にお任せしましょう。

  そして、何が起きようとそれを受け入れましょう。



7、幸せを感じたいのなら人生を本気で生きてみてください。

  本気で生きていなければ幸せを感じることもできないでしょう。

  何となく生きていれば時間は矢のように過ぎてしまいます。

  何でもいいですから何かに本気になって生きてみませんか?



8、大切な人が亡くなり、もう会うことができず悲しくて辛い時は、

  自分がその人のことを忘れないでいてあげることです。

  そうすれば、その人はいつまでも自分の心の中で生き続けることができるでしょう。



9、子供には子供だけが見える世界があります。

  若者には若者だけが見える世界があります。

  老人には老人だけが見える世界があります。

  今の自分に見える世界だけが正しいわけではありません。

  みんな違ってみんな良いのです。



10、不安なことが頭から離れないときは、

   それは「何か根拠のあることなのか?」

   それとも、「何の根拠もないことなのか?」を考えてみることです。

   もし、何の根拠もないことなら、

   その不安を空に向かって「フゥ~」と息を吐いて体の外に出してあげてください。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せ引き寄せ宇宙の言葉34

ebyfxnuimxdngngninninid.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉34】



1、お金を一生懸命に稼ぐことは大事なことですが、

  楽しく生きるためにお金を稼ぐのではなく、

  お金を稼ぐそのためだけに生きてしまうと、

  毎日はとても重苦しいものになってしまうでしょう。



2、「起きたこと 全て 認めて 受け入れる」

  これが素直にできるようになれば、

  人生の重荷を下ろしてもっと軽やかに生きていくことができます。



3、咲いてはいけない花はありませんし、

  生まれてはいけない命もありません。

  あなたは宇宙に祝福されたからこそ生まれてきたのです。

  あなたはすでに許されているのです。



4、時に、私たちは少し立ち止まり、

  「今自分がいる場所は本当に自分にとって正解なのか?」

  ということを考えてみる時間を持つことも必要でしょう。



5、誰かに憧れることは悪いことではありませんが、

  自分がその誰かになろうとしなくてもいいのです。

  自分は自分を生きればいいのです。

  自分は自分の人生を生きればいいのです。

  自分以外の誰かになる必要はありません。



6、昔の友人たちと疎遠になってしまったからといって悲しむことはありません。

  全ては諸行無常です。

  全ては変わっていくものです。

  お互いの波動が変われば自然に離れていくものですし、

  縁があれば人生の途中でまた出会うこともあるでしょう。



7、この世界を平和にしたいと思うのなら、

  まずは「自分の世界」を平和にしてください。

  なぜなら、「自分の世界」に平和を感じることができなくて、

  どうしてこの世界を平和にできるのでしょうか?

  大きなことから始めるのではなく、

  まずは小さなことから始めましょう。



8、過去に執着ばかりしていれば一番大事な今を見落としてしまいます。

  過去に執着ばかりしていれば意識は過去に向けられたままで、

  新しいモノが自分の中に入ってくるチャンスを逃してしまいます。



9、新しい自分に出会いたいのなら、

  今までの自分だったら絶対にしなかったこと、

  絶対に行かなかった場所などにチャレンジしてみることです。

  その扉の先に新しい自分の発見があるかもしれないのですから。



10、自分の弱さや、人に知られたくないことを隠しながら生きていても、

   長く付き合っている人には何となく分かってしまうこともあります。

   しかし、それを何となく分かっていながらも何も言わず自分と仲良く付き合ってくれる人、

   その人たちは大切にした方がよいでしょう。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな時あなたはどうしますか?

hfgbuydxndxudunydnxuynddd.jpg

あなたと友人が船の上で釣りをしていたとします。

すると、大きな波に飲まれて船が転覆してしまい、

あなたと友人は海の上に投げ出されてしまいました。


その時、目の前に一枚の板が浮いていることに気付きましたが、

2人でつかまろうとすれば確実に沈んでしまうため、

その板には1人しかつかまることができません。


さて、こんな時あなたはどうしますか?


【1】友人に板を譲り自分は死ぬことを選ぶ

【2】自分がその板につかまり友人を見捨てる

【3】どちらかだけ生き残るなら二人で死ぬことを選ぶ



【1】 はある意味で自殺のようなものですし、

【2】 はある意味で殺人のようなものですし、

【3】 はある意味で心中のようなものですから、

これはとても難しい選択で簡単には答えを出せないかもしれませんが、

今の自分の人生の状況によっては答えが出るかもしれません。


例えば、自分は人生に絶望しているのに対して、

友人は夢や目標に向かって日々を精一杯に生きていたり、

自には家族がいないのに対して、

友人には家族や小さな子供が帰りを待っていたり、

自分は歳を取りもう人生の終わりに近づいているのに対して、

友人はまだ若く人生まだこれからであったりなど、

自分と友人を比べることで答えを出すことができるかもしれません。


しかし、今は【1】を選ぶことにしたとしても、

実際にその状況になったとしたら無我夢中で板にしがみつき、

無意識で【2】を選んでしまうかもしれませんし、

本当のことは実際にその状況にならないと分からないのかもしれません。


この質問はどれが正しくてどれが間違っているというものではありませんし、

個人的にはどれを選んだとしても間違いではないと感じますが、

「自分には生きる価値がないから友人を助けて死を選ぶ」

そのような理由で答えを出すことだけは間違っていると思います。


この質問は少し意地悪な質問だったかもしれませんが、

少し、「自分の命」について考えてみてはどうでしょうか?


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネガティブな感情に振り回されないでください

fmcfnuumuddddddddfxnnfnf.jpg

私たちの心の中には毎日いろいろな感情が浮かんできます。


何かを見る度に、誰かに会う度に、何かをする度に、

良い感情でも、悪い感情でも、

ポジティブな感情でも、ネガティブな感情でも、

その何かしらの感情が自然に心の中に浮かんできて、

どんな感情が浮かんでくるのか自分の頭では選ぶことはできません。


ここで大事なことは、

自分の中に浮かんでくる感情は自分では選べないのですから、

いくら、過激で暴力的な感情が浮かんできたとしても、

「こんな感情になる自分はダメだ」

「こんな感情を持つ自分は情けない」

そのように自分で自分を責めることはありません。

どんな感情が浮かんできたとしてもまずはそれを「認める」ことです。


なぜなら、浮かんでくる感情は自分では選べないのですから、

自分の中にどんな感情が浮かんで広がったとしても、

「ああ、今自分の中にはこんな感情が浮かんできたのか」

「どうして、今自分の中にはこんな感情が広がったのだろう?」

そのように自然に自分の中に浮かんだ感情を素直に認め、

その感情に振り回されず冷静に見つめてみることです。


私たちは浮かんでくる感情を自分で選ぶことはできませんし、

自分の中にいつどんな感情が溢れてくるのかは分かりませんが、

浮かんで出てきた後の感情は自分でコントロールすることができます。


ですから、自分の感情にすぐ振り回されるのではなく、

まずは自分の中に出てきた感情を認めて冷静に受け止めて落ち着くこと。

それができれば自分の中にどんなマイナスの感情が浮かんできたとしても、

その感情に支配されて失敗したり、後で後悔することも防げるでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク