2018年04月

起きたこと全てを認めるということ

mdncigubydubuyddiusmudxdxfdfd.jpg

「実際に起きたこと」を「起きなかったこと」にしないでください。

「実際にやったこと」を「やらなかったこと」にしないでください。

「実際に見たこと」を「見なかったこと」にしないでください。


自分にとってどんなに嫌なことであっても、

それを「なかったこと」にするのではなく、

その現実をちゃんと「認めること」です。


まずは起きたこと全てを認めること。


その後にどうすればいいのかを考えることです。

それをせずに「嫌だ、嫌だ」と言い続けていれば、

それはただの現実逃避になって問題は何も解決しないでしょう。


苦しいこと、悲しいこと、許せないこと、受け入れたくないことなど、

生きていればいろいろな出来事にこれからも遭遇することでしょう。

しかし、そこから目を背けて逃げてしまうのではなく、

まずはちゃんと起きたことを認めて現実を見つめることです。


普段から起きることは全て宇宙にお任せすると決めて、

自分の力で対処できることは努力し、

自分の力ではどうしようもないことは素直に受け入れることです。


「仕方がない」、「しょうがない」という言葉は諦めの言葉というよりも、

全てを認めて受け入れた時に使う言葉だと思います。


そうすることで苦しみや悲しみを無駄に長引かせることもなく、

「何でこうなってしまったのか?」といつまでも頭を抱えることもなく、

自分の心を「フワリ」と軽く楽にすることができます。

人生いろいろありますができるだけ前向きな思考で生きていきましょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の自分に見えている景色を変えてみませんか?

mdxnuidxuimuimimdimi,d

同じ世界の中を生きていても、

自分がこの世界をどう見ているのかよって、

そこに見えてくる景色は全く違ってきます。


自分が新しい一歩を踏み出した瞬間に、

今までとは全く違う景色が広がることもあるのです。


自分の人生を楽しいものにしたいのなら、

不安、失敗、恐れなどのネガティブな鎖を断ち切り、

今までとは違う行動を開始して、

今まで自分が見ていた景色を変えることです。


「やらずに後悔するのなら、やって後悔する方がいい」

この言葉はよく使われる言葉ですがその通りだと思います。


行動すれば後悔するかもしれませんが、

もしかしたら、その行動を起こしたことによって、

今まで自分に見えていた景色を変えてくれるかもしれません。

しかし、何もしなければいつまでも今の景色のままです。


少しの勇気と行動で変わる可能性があるのなら一歩踏み出してみては?

もし、ダメだったとしてもまた戻ってくることができるはずですし、

その失敗も傷になるのではなく「大切な経験」として役に立つでしょう。


いくら人の世界を羨ましがっていても自分の世界は何も変わりません。

自分の世界を変えることができるのは自分しかいません。

今の自分の世界を変えればそこに見えてくる景色も変わります。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間がほとんどのことを思い出に変えてくれます

mfcunuifmfunumudufmuxfdsfdsf.jpg

人生を生きていればいろいろなことが起こりますが、

時間が経てばそのほとんどが「思い出」に変わっていきます。


嬉しいことや楽しいことはもちろんのこと、

悲しいこと、苦しいことや、辛いことなども、

時間が経てばそのほとんどのことが「懐かしい思い出」として、

自分の心の中にすんなり収めることができる時がきます。


例えば、あなたの今までを少し振り返ってみてください。

友人とケンカをしてそのまま疎遠になったことがあったかもしれません。

学校や仕事に馴染めずに悩んで苦しんだことがあったかもしれません。

可愛がっていたペットが亡くなり無気力になったことがあったかもしれません。

失恋をして泣いてもう死にたいと思ったことがあったかもしれません。



ですが、あれから何年も時間が経った今ではどうでしょう?

そのほとんどのことが「そういえば、そんなこともあったなぁ」と、

今では「懐かしい思い出」に変わっているのではないでしょうか?


もちろん、中にはとてもそうは思えないような悲劇的なこともありますが、

余程のことでないかぎりほとんどのことは時間が経てば大丈夫です。


「生きること」を難しく考えずもう少し気持ちを楽にしましょう。

どんな時でも笑えることが素敵なことです。

早くあなたの素敵な笑顔が戻ることを祈っています。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは今どんな気分ですか?

ndbcgnfuygbsdvxtbsxdxudndfd.jpg

「今、自分の心の中を穏やかで心地よい気分にする」

これ以上に大切なことはありません。


なぜなら、今の自分の心にどんな感情が広がっているかによって、

その波動が電波のように宇宙に放射され、

それによって自分に引き寄せられてくるものが決まるからです。


例えば、いつもニコニコしている人には優しい人が寄ってきますし、

いつもプンプンしている人には不機嫌な人が寄ってきます。

このことは宇宙の法則を信じていない人でも頷けるのではないでしょうか?

それなら、いつも良い気分でいることがどれだけ大切か分かるはずです。


しかし、「良いことがないのに良い気分になれるわけがない」と、

そのように思ってしまう人もいるかもしれませんがそのような人は、

良いことがあれば良い気分になれるという考えを捨てて、

良い気分でいたから良いことが起きたという考えに変えてみてください。



ただ、人はどんな時でも良い気分でいられるわけではありません。

時には心がネガティブな感情で溢れて止まらないこともありますが、

そのような時はその感情を無理やり打ち消そうと格闘するのではなく、

「ああ、今の自分はこんなにもネガティブになっているのか」と、

その感情を認めて少し遠くから客観的に眺めてみることです。

そうしているうちに空の雲が少しずつ流れていくかのように、

心の中のネガティブな感情も少しずつ流れて消えていきます。

また、他の楽しいことに意識を向けることでも消すことができます。


毎日1日の中で何度か立ち止まって自分の心の中を覗き込み、

「今、自分はどんな気分なのだろう?」

そのように考えてみる習慣を持つことをオススメします。

そして、もし、今の自分が良い気分ではないと気付いたのなら、

そこですぐに良い気分になれるように修正してあげてください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

判断を手放して今起きていることをただ見てみませんか?

nxuencybybxnxiumsxsx.jpg

私たちはいつも「これは良い、これは悪い」、

「これは楽しい、これはつまらない」、

「これは好き、これは嫌い」など、

常に何かを判断しながら生きています。


でも、少しの間だけでもいいですから、

全てのことに判断することを止めてみてください。


頭の中にどんな思考が浮かんでこようとも、

耳に車の音や鳥の声が聞こえてこようとも、

何かを判断したり、ジャッジすることを停止して、

「今起きていることをただ見る」

「今という瞬間に自分を溶かす」

このことだけに徹してみてください。

これは座禅や瞑想に近いのかもしれません。


すると、宇宙から自分が分離しているという感覚は無くなり、

自分は宇宙そのものであると感じられるでしょう。


そして、再び自分という感覚に戻ってきた時には、

今まで心の中に溜まっていた雲もすっかり消えて、

心の中がスッキリと気持ちよくなっていることでしょう。


もし、最近の自分は少し疲れているなと感じているのなら、

少しの時間でいいですからこの方法を試してみてはどうでしょう?

最初はうまくできないかもしれませんし、

効果も人ぞれぞれだとは思いますが、

それでもやってみて決して損はしないはずです。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク