2018年03月

誰かの不幸の上に本当の幸せを作ることはできません

nxuenyebxyewnxuiewmxuemxeumxueew.jpg

「自分が得をするなら他人は損をしてもいい」

「自分がお金を儲けられるのなら他人は破産してもいい」

「自分が幸せになれるなら他人は不幸になってもいい」


このように「自分さえよければそれでいい」という考えで、

人を平気で傷つけたり、悲しませたり、騙したり、脅したり、

または、犯罪に手を染めてまで自分の幸せを手に入れようとする人もいます。


しかし、そこでどうしても忘れてはならないことは、

「誰かの不幸の上に本当の幸せを作ることはできない」ということです。

これは決して綺麗事ではなく本当のことなのです。


確かに、少しの間だけならばその方法で喜びを感じることができますが、

その喜びは決して長続きせずにあっという間に消え去ってしまうでしょう。


例えば、丈夫な家を建てるためには土台がしっかりしていなければなりません。

他人の不幸や犠牲の上に自分の幸せを築こうとすることは、

ドロドロの沼地の上に家を建てようとすることと同じです。

そのような土台の上にどんなに立派な豪邸を建てたとしても、

その家はすぐに崩れて流されてしまうことでしょう。


新聞やニュースを見ていればすぐに分かることですが、

詐欺や泥棒などで大金を得ることに成功できたとしても、

その人たちはすぐに捕まり刑務所に入っています。


それでも、世の中ではそのような犯罪が後を絶ちませんし、

これから先もそれらを完全に無くすことは無理なのかもしれませんが、

「誰かの不幸の上に本当の幸せを作ることはできない」

このことをしっかりと理解している人が少しでも増えれば、

わざわざ、腐った土台の上に楽をして家を建てようとする人も減るでしょう。


本当に幸せになりたいと思うのなら、

腐った水の中に花の種を撒かないでください。

本当に幸せになりたいのなら、

本当に幸せになれる行動をするしかありません。


それはすぐに芽が出るわけではなく時間のかかることかもしれませんが、

いくら時間や手間のかかることだとしても、

それが本当の幸せを手に入れるための最善の方法なのです。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



自分とは違う意見や考えを攻撃する人について

unxueyebxynexyefimufffd.jpg

自分とは違う意見や考えを攻撃する人というのは、

相手が間違っていて自分の意見や考えの方が正しいと思っているからでしょう。


そのため、「この人は全然分かっていない」、

「この人に自分が間違っていたと認めさせたい」などと思い、

上から押し潰すように強い言葉を使ってしまう人もいます。


人は自分の今までの経験や知識から答えを出そうとします。

別にそれが悪いというわけではありませんが、

その知識や経験は人によってそれぞれ違うわけです。

そのため相手にうまく理解されずに誤解されてしまったり、

トラブルになってしまうことも珍しくありません。


特に、自分とは真逆の意見や考えだったり、

自分には理解できない意味不明なことだと思う時はイライラしてしまい、

つい、ひどく暴力的な言葉を使ったり、

相手をバカにした言葉で傷つけてしまう人もいます。


そして、それは自分の顔も名前も出さず、

何のリスクも背負わず好きに発言できるネット上ではよくある話です。


しかし、たとえ相手がよく分からないことを言っていたとしても、

「この人とは話にならない」とすぐに攻撃したりするのではなく、

「この人は何をこんなにも伝えようとしているのだろう?」

少しはそのように考えてみることも必要なことでしょう。


ただ、それでもどうしても「もうこれ以上は分かり合えない」、

「もうこれ以上は意味がない」と思う時は相手を攻撃するのではなく、

自分から静かに身を引く方が賢いといえるでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

後悔している自分を許してあげませんか?

nmexioxiodmxiosdddddddd.jpg

人は自分がしたことに対して後悔することが多くあります。

そのため、「後悔を減らしたい」、「後悔をしたくない」など、

なるべく後悔をしないように消極的に生きようとする人もいます。


誰でもできることなら後悔はしたくありませんから、

その気持ちはとてもよく分かります。


しかし、その時の自分が「これがベストである」と考えてしたことが、

結果的に「そうではなかった」としても仕方がないでしょう。


つまり、その時の自分が「これが一番良い」と思ったわけであり、

その時にそれ以上に良いと思う選択肢はなかったわけですから、

その時には自分が正解だと思ったことをしたわけです。


それなら、後で後悔するようなことがあっても、

「あの時はそれが一番良いと思ったのだから仕方がない」

そのようにあまり自分を責めることもなく楽に考えることができます。


私たちは毎日小さなことも含めて常に何かを選択しながら生きています。

生きるということは選択の連続であると言ってもいいでしょう。

人はその選択の連続の中で常に正解を選ぶことはできませんから、

「その時に自分がベストだと思うことをする」

私たちにできることはそれしかないのではないでしょうか?


また、自分が選んだことを後で後悔したとしても、

後悔から学べること、成長できることもたくさんありますし、

その経験が今の自分にとってプラスになっていることもたくさんあるのです。


それに、一度も後悔しない人生を送っている人は誰もいないのですから、

たまには後悔して失敗することも人間らしくて良いのだと、

後悔している自分を許して自分に優しくしてあげませんか?


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙という流れの中にいる私たち

dunuidxuidsxuinimdddds.jpg

この世の全てのことは常に少しずつ変化して流れ続けています。

その流れはこれまでもこれからも永遠に止まることなく続いていくのです。

そして、その流れの中に私たちがいます。

「今」という二度と戻らないその流れの瞬間を精一杯に生きることです。


どんなに苦しい出来事も、どんなに悲しい現実も、

宇宙の流れが少しずつ洗い流してくれていき、

「ああ、あの時の気持ちが今はこんなにも遠く薄くなっている」

いつの日かそのように思える日が必ず来ます。


そして、その時のあなたは今のように泣いている姿ではなく、

その時のあなたは今とは違う穏やかな顔を取り戻していることでしょう。


永遠に止まることのない宇宙の流れの中で、

この世界のあらゆる全てことが動いています。

私たちはその流れの中でいろいろなことを経験して成長していきます。

その流れの中であなたも止まることなく動き続けましょう。


本当は誰もが同じ大きな1つの命であり、

私はあなた。あなたは私。

最後は誰もが宇宙に溶けて1つになります。


そのことを何も恐れることはありません。

それは恐怖や絶望ではなく安らぎです。

自分が元居た場所に再び返っていくだけなのですから、

安心して人生という今の流れを気楽に楽しみましょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク