2016年06月

あなたは引き寄せの法則を信じますか?信じませんか?

whfhfhxslxdshfdxsnxmss.jpg

たまに「うまく引き寄せができない」、「違うものが引き寄せられてきた」、

「そもそも、引き寄せの法則など存在していない」などの声を聞きます。


まず、「うまく引き寄せができない」という声に対しては、

引き寄せの法則は「思考は現実になる」ということですが、

それは「自分がその波動と一体になる」ということです。


ただ頭の中で思考しているだけで何も行動しなかったり、

自分が望むことを手に入れた時の感情を感じていなかったりしていれば、

今の自分の波動と自分の望みが叶った時の波動とは違いますから、

「自分がその波動と一体になる」となることができていないのです。

ですから、「自分はそれをすでに手に入れている」と思ったり、

「すでに望みが叶ったように振る舞う」ということが必要なのです。



例えば、受験に合格するために勉強をがんばっているのなら、

「受験に合格できますように!」、「受験に合格するぞ!」ではなく、

「受験に合格できました!ありがとうございました!」というように、

もうすでに願いが叶ったかのように紙に書いて貼っておくことです。

そうすれば、「自分がその波動と一体になる」ことができるでしょう。


また、引き寄せの法則を使いたいのなら宇宙と繋がることです。

テレビのコンセントを抜いているにもかかわらず、

「テレビがつかない!」、「このテレビは壊れている!」などと言い、

テレビのリモコンをカチャカチャしているのは滑稽でしょう?

テレビを見るためにはコンセントを差し込まなければならないように、

引き寄せをするためには宇宙と繋がっていなければなりませんから、

引き寄せの法則を信じていない人は引き寄せを使うことはできないのです。


ただし、今回ここで言っている引き寄せの法則の説明は、

「今の自分が望んでいるものを引き寄せる方法」ということであり、

自分がすでにそうであるため似た波動のものが引き寄せられてくるという、

「波動共鳴」「類は友を呼ぶ」という引き寄せとは種類が違います。

こちらの引き寄せの方は意識せずとも誰にでも自然に引き寄せられてきます。


そして、最後に「引き寄せの法則は存在していない」という声に対しては、

本当はいろんなものを引き寄せているのに本人が気付いていないだけであったり、

その人が「非二元」の視点でこの世界を見ているためであったり、

仏教でいう「色即是空、空即是色」の「空」の視点で見ているからでしょう。

「空」の視点では引き寄せの法則は存在しないのが正しくても、

「色」の視点では引き寄せの法則は確実に存在しているのです。


つまり、自分がどちらの視点でこの世界を見ているかによって答えは違います。

できることならば、「空」や「色」どちらか一方に偏るのではなく、

上手にバランスをとった視点でこの世界を見ることが望ましいでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



他人の評価ではなく自分の意思で人生を進ませましょう

xxweujzlkhdhdhzweze.jpg

他人の目を必要以上に気にしながら生きる癖がついていると、

自分がどう思うかより、他人がどう思うかの気持ちが強くなり、

せっかくの人生を自分が行きたい方向ではなく、

他人に良く思われる方向に進めてしまうことになるかもしれません。


他人のために自分の人生を犠牲にすることは愚かなことです。

実際にそのような生き方をしてしまった人たちは、

「あの時もっとああしておけばよかった」

「あの時もっと自分の気持ちを優先させておけばよかった」

そのように自分の人生に強い後悔を持っている人も少なくありません。


他人にどう思われるかを気にすることも必要なことかもしれませんが、

他人は自分をいつも正確に評価してくれるわけではありません。

必要以上に他人の意見や評価に惑わされないことです。


まれに波動の低い人たちが犠牲者のフリをして近づいてきて、

こちらを犠牲者にしようとしてくることもありますが無視してください。


オーディションやコンクールなどは別ですが、

自分という人間の評価は他人に任せてしまうのではなく、

それは自分自身で評価すればよいのです。


「自分はダメだ」と評価すれば本当にダメになりますし、

「自分は素敵だ」と思えば本当に素敵になっていきます。

それは自分で自分を設定するということであり、

そうすると宇宙はそのようになる出来事を与えてくれるのです。


たまに「自分なんか無価値な人間だ」と言っている人を見ますが、

人間は宇宙に祝福されて命を与えられこの世に生まれるという、

そんな素晴らしい奇跡を誰もが必ず経験しているのです。

私は今まで生きてきた中で無価値な人間は一度も見たことがありません。

あなたには価値がありますし、私にも価値があります。

他人の評価に振り回されるのではなく自分の意思で人生を進ませてください。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

他人に自分の波動を下げられることを防ぎましょう

dddxmwxuxnwxw.jpg

世の中には人の頭を沈めて自分が前に出ようとする人や、

人の頭を踏んで自分が上に昇ろうとする人もいます。


例えば、2人の男性が同じ女性を好きになったとします。

その女性に対してAの男性がBの男性のことを

「こいつは仕事でミスが多くてよく怒られているんですよ」など、

そのように意図的にBの男性のイメージを下げさせて、

自分の方が優れていると見せようとする人もいます。

そうすることにより自分の価値が高められると思い込んでいるのです。


たしかに、その方法を使えば簡単に自分の波動を上げることができます。

しかし、一時的に波動が上がって自尊心が満たされたとしても、

その偽りの波動はすぐに元に戻り虚しさが残るだけですし、

結果的にその行動は逆効果になってしまうことも少なくありません。

自分よりも劣っていると思う人と比べて相手の波動を下げることにより、

代わりに自分の波動を上げようとするのは愚かなことです。


また、世の中にはいくら口では「友達だよ」と言っていても、

人生の大事な場面で急に態度を変えたり逃げたりする人もいます。

ズルい人間というのはこの世にいくらでも存在していますから、

そのような人に対しては「自分から近づかない」、「自分に近づけない」

普段からこのことを忘れずに自分の身を守るようにしておくことです。


学校の同じクラス、職場の人間関係、近所の人間関係など、

どうしても無視をしたり顔を合わせることが避けられない場合には、

できるだけ距離を取るように気をつけておくか、

相手との波動の奪い合いには決して参加をしないことです。


それでもそのような相手に心が傷付けられてしまうというのなら、

「自分が相手の言葉に同意しないかぎり自分が傷付けられることはない」

このことをよく覚えておくことです。


例えば、相手に「服がダサい」と言われて傷付いて波動が下がってしまうのは、

自分が相手の言葉を受けて自分もダサいと認めるから傷付くのであり、

「自分はダサくない」と思えば心が傷付けられることもありません。

暴力で体を傷付けられることは避けることができなくても、

言葉で心が傷付けられることは自分が相手の言葉に同意しないかぎり、

その鋭い言葉のナイフもただの小さなオモチャのナイフでしかないのです。

あなたは他人の評価に心を支配されて傷付けられ波動を下げなくてもよいのです。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢を掴むために今の自分の世界を変えましょう

xnuewxneuinxwezwq.jpg

あなたは本気で叶えたい夢や目標はありますか?

何かを本気で成し遂げたいのであれば覚悟を決めることです。

覚悟もなく「本気」にはなれません。

「口だけの本気」ほど悲しいものはありません。

本気になるのなら覚悟を決めましょう。


あなたの波動が変わればその波動に共鳴してくるものも変わりますから、

不安になったり弱気になったりするのではなく、

自分が夢を叶えられることはすでに決まっているのだから、

あとは自分がそのための行動をするだけであると信じることです。



「できない理由」を探そうとすればいくらでも出てきますし、

「できる理由」を探そうとすればそれもいくらでも出てきますから、

あなたがどちらの方向に意識を向けるかが重要になります。

それによってあなたの人生が大きく変わっていくのです。


自分がいつも悪いことを想像しておきながら、

「何でいつも悪いことしか起きないんだ!」と怒っているというのは、

自分があらかじめパソコンに悪い結果が出るように設定をしておいて、

「何でいつも悪い結果しか出ないんだ!」と怒っているようなものです。


現実になってほしいことを考えながら毎日を生きているのと、

現実になってほしくないことを考えながら毎日を生きているのとでは、

天と地ほど違う人生の結果を受け取ることになるでしょう。


人生で同じパターンを繰り返しているかぎり同じ結果しか得られません。

いつもネガティブな思考でネガティブを受け取るパターンから、

いつもポジティブな思考でポジティブを受け取るパターンに変えましょう。


今とは違う景色を見たいのなら今とは違う場所に移動することです。

ずっと今の場所にいたまま違う景色を見たいと望むことは愚かなことです。

それができないというのなら宇宙はあなたに何も与えてはくれません。


あなたがノーベル賞を貰う人になって世界を変えることは難しいとしても、

「自分の世界」はいつでも自分自身で変えることができるのです。

本気で自分が望む夢を掴むのだと覚悟を決めるのであれば、

今この瞬間から今の自分の世界を変えていくことです。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは本物の友情を持っていますか?

xxxezwzk9meyyueus.jpg

人生は調子が良い時には自分の周りに多くの人が集まってきても、

調子が悪くなった時にはその人たちが去っていってしまうこともあります。

しかし、そのことを怒ったり、恨んだりするのはやめましょう。


本物の友というものは自分から他の人が去っていくとき、

それでも自分のそばに残ってくれている人のことなのです。



自分から去っていった人に焦点をあてるのではなく、

そこに残ってくれた人たちを大切にすればよいのです。


例えば、子供が最新の人気ゲームを買った時には、

家にたくさんのクラスメイトが遊びに来るでしょうけれど、

そのゲームが古くなり飽きてしまった時には、

ゲームを目当てに遊びに来ていた子供たちは来なくなるでしょうが、

それでも変わらずに家に遊びに来てくれる子たちもいるはずです。


今までたくさんの砂に埋もれて見えなかったものが、

強風によって砂が吹き飛ばされたことにより、

自分にとって本当に大事な宝物を見つけることができるのです。

それはきっとかけがえのない宝物になるでしょう。


今のあなたが結婚式をする時どれだけの人たちが来てくれるでしょうか?

今のあなたが事故で入院した時どれだけの人たちが来てくれるでしょうか?

今のあなたが死んで葬式をする時どれだけの人たちが来てくれるでしょうか?


近くに住んでいても面倒だと思い来てくれない人もいるかもしれません。

遠くに住んでいながらもわざわざ足を運んでくれる人もいるかもしれません。

遊びに行きたいために仕事があると嘘を付いて来ない人もいるかもしれません。

仕事を途中で抜け出してまで駆けつけてくれる人もいるかもしれません。


ありのままの自分を理解して好きでいてくれる人たち。

利害関係無しで素の自分と仲良くしてくれる人たち。

人生の中でそのような人たちを増やしていきましょう。


そして、そのような本物の友情を見つけたのなら、

その繋がりを決して断ち切ることなく大切に育て続けていってください。

その宝物の人たちとの友情が悲しい時も、辛い時も、苦しい時も、

あなたの心の中に降っている雨を止ませて綺麗な虹を架けてくれるのですから。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク