2016年02月

悪い思考を習慣化させないでください

xdfhvgrhchgvhucgrrxdx.jpg

いつもすぐに物事を悪い方向に考える思考が習慣化してしまうと、

自分がいつもマイナスエネルギーに包まれていて、

ネガティブの塊を抱えながらいつも生活しているようなものです。


思考というのは磁石のようなものだとよく例えられています。

あなたがいつも悪いことに焦点を当てていれば、

宇宙は「あなたはそれが欲しいのですね?」と思いますから、

当然、宇宙はどんどんマイナスな現象をあなたに与えてきます。

それを断ち切るためには習慣化されている悪い思考の癖を変えることです。


現実は自分の思考が形となって目の前に現れてくるものですから、

「自分の人生に何か良くないことが起きるのではないか?」と考えながら、

穏やかで幸せな生活を手に入れることはできません。


悪い思考の習慣は自分自身で変えることができます。

「これは気付きだと考えるのか?関係ないと考えるのか?」

「これは良いことだと捉えるのか?悪いことだと捉えるのか?」

「これは何かのメッセージだと受け取るのか?偶然だと受け取るのか?」


それらは全て自分の心で決めることができます。


例えば、神社でおみくじを引いたら凶が出たとします。

その時に「不吉で最悪だ。もうダメだ・・・」と考えるのか、

「これは何かに気をつけなさいという有難いメッセージだ」と考えるのか、

それは全て自分の心で決めることができるということです。


「何をどのように考えるのか?」

「何をどのように捉えるのか?」

「何をどのように受け取るのか?」

それらが自分の人生の方向を決めていくのです。


自分の思考が自分の現実を作るのです。

「この世は醜く生きる価値の無い世界である」と考えればそのように、

「この世は素晴らしく生きる価値のある世界である」と考えればそのように、

それぞれ実際にそのような現象が自分の目の前に表れてきますから、

すでに悪い思考の習慣を持ってしまっているのなら、

今この瞬間からそれを良い思考の習慣に変えていきましょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を変えるためのドアを開きましょう

xedfmiedgzxfeumfuwm.jpg

自分を変えたいと思うのなら行動しなければなりません。

分かりやすくシンプルに例えるのならば、

あなたの目の前には「自分を変えるためのドア」があります。

そのドアを開けますか?開けませんか?ということです。


新しいドアを開けて飛び込むことは勇気が必要ですが、

それができる人だけが自分を変えることができるのです。

それができない人はそのまま停滞し続けるだけでしょう。

あなたがどちらを選択するかということです。


ドアの前でどんなに泣き叫んでいてもきっと何も変わりません。

ドアの前でいくら本を読み漁ってもきっと何も変わりません。

ドアの前でどんなに祈りを捧げてもきっと何も変わりません。



あなたの心の中からネガティブな思考を今すぐ追い出してください。

深呼吸をしてリラックスしながら良いイメージを心の中に描いてください。

大丈夫です。何も恐れることはありません。

人生を前に進ませるための健全なる思考と行動をすることができれば、

あなたはいつでも宇宙の大いなるサポートを受け取ることができるのです。

苦しい時もあなたの背中を優しく温かくそっと支え、

迷いそうなときには光の方向を力強く指し示してくれるでしょう。


誰にでも自分を変える力はしっかりと自分の中にあるのです。

あなたに力はあるのです。

そのことに気付いてください。


人生を前に進ませるために、新しい自分に出会うために、

自分を変えるためのドアに手をかけてください。

勇気を持ってそのドアを開いて一歩を踏み出しましょう。

安心してください。

最初の一歩がどんなに小さな一歩だとしても、

その一歩は確実に前に進んでいるのですから。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛を与えるということ

moexebzxwzyunewzwynweu.jpg

人に愛を与えることはとても尊いことですが、

人に愛を与える前にまず自分自身に愛を与えてあげることです。

自分がパンを持っていなければ人にパンを与えることができないように、

自分の中に愛が無ければ他人に愛を与えることはできません。

そのためにまずは自分を好きになること、自分を認め、自分を許し、

自分が自分であることを肯定してあげることです。


また、相手に優しさを与えることは素晴らしいことですが、

相手に優しさを与え続けることだけが愛ではありません。

時には厳しい言葉を相手に投げかけるということも愛なのです。

相手と衝突し対立してしまうことを恐れるあまり、

見せかけの優しさで誤魔化そうとすることは愛とは呼びません。

例えば、相手にお金を与え続けてあげることが愛なのではなく、

苦しくとも相手が自分の力でお金を得られるようにしてあげること。

それこそが本当の優しさであり愛なのです。


世の中には間違った愛を与えている人も少なくありません。

子供が欲しい物を何でも与えてあげることが愛なのだと考えていたり、

本人の意思とは違う安定したレールを進ませることが愛なのだと考えていたり、

愛しい相手を大切にするあまり束縛することが愛なのだと考えていたり、

そのような「愛のようなもの」を愛だと考えている人もいます。

「今の自分が誰かに与えている愛は本当の愛なのか?」

そういうことを少し考えてみるのもよいでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙との繋がりを切らさないでください

hxsdhnxiasnaizasazisz.jpg

あなたは今までどれだけの人から優しさを貰ったのか考えたことがありますか?

あなたは今までたくさんの人たちから優しさを受け取ってきたはずです。

その優しさに癒され、勇気づけられ、助けられたことを思い出し、

それをまだ返していないのなら返してあげることです。

そのような「感謝の心」は絶対に無碍にしたり忘れたりしてはなりません。


もし、何らかの理由でその相手に返すことができないのであれば、

その優しさを他の人に与えてあげてください。


感謝の気持ちを忘れてしまうと人は傲慢になってしまいます。

そして、その傲慢さが自分から人を遠ざけ、運を遠ざけ、幸せを遠ざけ、

少しずつ人生が上手くいかなくなってしまいます。


宇宙はいつでもあなたと繋がって大いなるエネルギーを注いでくれていますが、

ひとたびあなたが感謝の気持ちを忘れてしまえば、

すぐに宇宙とあなたとの繋がりが途切れてしまいます。

そうなれば、あなたは宇宙からのエネルギー、偶然の一致、メッセージ等、

それらを受け取ることができなくなってしまいます。


生きていく上で感謝の気持ちを持つということは何よりも大切なことです。

それによって自分の人生や運命が変わってしまうということを覚えておくことです。

人は呼吸をすることを忘れてしまえば死んでしまうように、

人は感謝をすることを忘れてしまえば人生がおかしくなってしまうのです。


もし、感謝の気持ちを忘れているのであれば思い出してください。

そして、再び宇宙との繋がりを取り戻してください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

波動の4つの法則

mhxmsdzxdnnzxinxzinx.jpg

この世の中にあるものはどんなものにも波動があり、

それぞれが固有の振動数で絶えず振動を繰り返していて、

波動というものは周囲のものに影響を与えています。

それは実際に目で見ることはできなくても感じることはできます。


例えば、「この人は何か雰囲気が良い」と思ったり、

「この人と一緒にいるとなぜか落ち着く」と思ったりなど、

そのような時には自分がその相手の波動を感じているからです。


波動の世界に詳しかった経営コンサルタントの船井幸雄さん曰く、

波動には4つの法則があるといわれています。


1、 同じ波動は互いに引き合う法則

これは「類は友を呼ぶ」と言えば分かりやすいでしょう。

スポーツが好きな人にはスポーツが好きな人たちが寄ってきますし、

映画が好きな人には映画が好きな人たちが寄ってきます。

自分と同じ波動を持った者は自然と寄り集まるのです。


2、 違う波動のものは反発し合う法則

これはさきほどとは逆のことです。

健全な人は反社会的な人と友人になりたいとは思わないですし、

反社会的な人も健全な人を利用したいとは思っても、

友人になって酒を酌み交わしたいとは思わないはずです。

水と油が反発し合うのが当然のように、

お互いに放射している波動が違えば当然反発し合いますから、

一緒にいても「何か居心地が悪い」と感じてしまうのです。


3、 自分が出した波動が自分に返ってくる法則

これは「自分が与えたものが自分に返ってくる」ということです。

相手に優しさを与えれば自分にも優しさが返ってきますし、

相手の悪口を言えば自分にも悪口が返ってくるということです。


4、 優位の波動は劣位の波動をコントロールする法則

これは高い波動の方が低い波動の方よりも強いということです。

高い波動とは粒子が小さく振動が細かいものだといわれています。

例えば、愛、感謝、平和、優しさ、友情、ポジティブなど、

そのようなものが「優位の波動」だと考えてよいでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク