2015年12月

本当の自分で生きていますか?

zxcedcfgvyjbunikilubyby.jpg

あなたは本当の自分で生きていますか?

「本当の自分?そんなの分からない」と思うかもしれませんが、

今の自分は「目的がない」、「死にたい」、「毎日ただ生きているだけ」など、

そのような状態であるのなら「本当の自分」で生きてはいないということです。


本当の自分を見つけるためには、

「自分がこの世に生まれてきた目的」を思い出すことです。

ここでも「生まれてきた目的?そんなの分からない」と思うかもしれませんが、

あなたは間違いなく目的を持ってこの世に生まれてくることを自ら選んだのです。

そして、その目的はあなたの潜在意識に深く刻まれています。

「そんなことがあるわけがない」と否定せず、納得し、受け入れてください。

日々の生活の中に自分自身と対話する時間を持ってください。

自分は自分に嘘はつけませんからそこで自分の本当の気持ちを発見できるでしょう。

そして、今までの人生の見方、捉え方、観念、生き方を書き換えましょう。


本当の自分に気付いてください。

自分がこの世に生まれてきた目的を思い出してください。


それができれば、鼠色の空からゆっくり太陽が顔を出すように

今のあなたの中にある不安や恐怖は薄れゆっくりと闇が光に変わっていきます。

太陽は誰の上にも平等に光を降り注いでくれます。

その光の中で生きてみたいと思いませんか?

あなたにはその権利があるということを思い出してください。

私たちは誰もが宇宙の子であり宇宙に祝福されている存在です。

そのことをどうか忘れないでいてください。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛でいつもネガティブなパターンを繰り返している人へ

dxfergcvgrthbujvyrhthvy.jpg

恋愛で今まで何人かの相手と付き合ったことがあっても、

いつも同じようなことでケンカになってしまったり、

いつも同じような別れ方をしているという経験はありませんか?


実はその原因というのは自分の外側にあるのではなく内側、

つまり、「問題は相手にあるのではなく自分にある」

ということに気付いていないからでしょう。


例えば、「自分はいつも相手に浮気されてしまう」という場合、

相手のせいにして終わりにしてしまえば簡単かもしれませんが、

それでは本当の意味では問題は何も解決されません。

基本的に自分の人生に起きる現象は全て自分の責任ですから、

「なぜ、自分はいつも浮気をするような人に惹かれてしまうのか?」

「自分の何がそのような原因を作り出し引き寄せてしまったのか?」


そのようなことを自分自身で考えてみるべきなのです。

そこに「魂の学び」というものがあり自分を成長させることができるのです。


この世は波動の高い人も低い人もいろんな人が同じ世界の中に生きています。

自分の波動が上がれば波動の低い人とは接点がなくなり出会わなくなりますが、

自分の波動が低ければ同じように波動の低い人が引き寄せられてきます。

人と人は縁があるから出会うのです。

そして、お互いの波長があったからこそ惹かれ合うのです。


恋愛で「いつもネガティブなパターンを繰り返している」と思うのなら、

「その原因が本当は自分自身の中にこそあるのだということ」

そろそろ、そのことに気付いてもよいのではないでしょうか?


恋愛は人を愛することを学べる大切でとても楽しい経験の場です。

波動が変われば今までとは違う人と巡り合い惹かれるようになります。

ぜひ、今までの自分の恋愛のネガティブなパターンを修正し、

恋愛のポジティブなパターンを新しく構築していってください。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

リサイクルショップで買い物をする時に気をつけること

dsxcftvgwcwgrtcxrtxcxewsd.jpg

最近はリサイクルショップが増えています。

本、ゲーム、服、アクセサリー、バッグ、ジュエリー、家具、家電など、

ありとあらゆるものが中古で安く買えるためによく利用する人もいるでしょう。


ただ、忘れてはならないことは「物にも波動がある」ということです。

そして、私たちはその波動の影響を受けてしまう場合があるということです。


引っ越しして新しく部屋を借りようとする時、

前に住んでいた人はどんな人だったのかを調べることは不可能ではありませんし、

事故物件であるならば説明しなければならない義務もあります。

しかし、リサイクルショップで売られている商品にはそのような義務はありません。

自分の欲しい商品が中古で安く売られているとしても、

私たちはその商品の持ち主がどんな人でどのような思いで今まで使用し、

なぜそれを手放すことになったのかということは分かりません。


「そんなことは気にしないしどうでもよい」と思うかもしれませんが、

先ほども言ったように物にも波動がありますから、

中古商品には以前の持ち主の波動が強く残っている場合があるため、

敏感な人は普通の人よりもその波動の影響を強く受けてしまう可能性があるのです。


その商品の前の持ち主がそれほど強い思い入れがなかったのであればよいのですが、

辛い失恋をして手放した指輪や、お金に困り泣く泣く手放したバッグであったり、

ものすごくネガティブな人が長年着ていた洋服やアクセサリーであったり、

もしくは、前の持ち主が死に際に愛読していた本であったりなど、

そのような商品には前の持ち主の強い波動がこびりついている場合が多いのです。

ですから、安くて気に入ったのだけれど何か嫌な感じがして気になるなど、

そのように感じる商品はできるだけ敬遠するのがよいかもしれません。


しかし、買ってしまった後でその商品が気になるという場合もあるでしょう。

そのような場合は軽く粗塩をかけてお清めをしてあげてください。

それでもどうしても何か違和感があるという場合にはお祓いをしてもらったり、

再びリサイクルショップに売って手放すのがよいかもしれません。


リサイクルショップは安いですし、新品のような物が中古で安く買えたり、

掘り出し物があったりなど楽しく買い物ができるのですが、

人や動植物にはもちろん、物にも波動があるということ。

ポジティブな波動もあれば、ネガティブな波動もあるということ。

そして、私たちはその波動の影響を受けてしまうということ。

そのことをよく覚えておくとよいでしょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

恐れているものに挑戦するということ

dscvcfdcgrtvcrhdg.jpg

あなたには何か怖いと思うものがありますか?

人は誰でも怖いと思うものが1つや2つあると思いますが、

本来、人間が最初から生まれながらに持っている恐怖というものは、

「落ちる恐怖」 と 「大きな音に対する恐怖」

その2つだけであると言われています。


ライオンを見て怖いと思うこと、拳銃を見て怖いと思うこと、

初対面の人と会話するのが怖いと思うこと、電話に出るのが怖いと思うこと、

大勢の前で話すのが怖いと思うこと、恥をかくのが怖いと思うことなど、

それらの恐れというものは全て後天的なものであり、

知らず知らずのうちに後から植え付けられた恐怖であり、

自分でも気付かないうちに潜在意識に刻まれてしまったものです。


そして、それらの恐れが何かに挑戦しようという時にひょっこり顔を出してきて、

思考能力、判断力、自信などを低下させて邪魔をしてくるのですが、

恐れずにその恐怖や不安と正面から向き合い分析して立ち向かうことです。


何に対しても恐怖を持たずに挑戦しなければならないということではありませんし、

無理やり恐怖を手放して無謀なことに挑戦する必要もありませんが、

人は時に安全な場所から出て恐怖に立ち向かわなければならない場面がありますから、

その恐怖が自分の人生にとって立ち向かわなければならないものであったり、

心の中のもう1人の自分が「逃げずにやるべき」と言っているのなら挑戦することです。


自分の人生にとって克服しなければならない恐怖というものは、

逃げれば逃げるほど大きくなりいつまでも自分の人生から出ていってはくれません。

たとえ、何かに挑戦して失敗して恥をかいたり傷付いたりしたとしても、

その中から何かを学ぶことを忘れなければ本当の意味での失敗にはならないのですから、

必要以上に恐れることなく自分との戦いに負けないことが大切です。

それさえできれば必ず人生は良い方向へと流れていきます。

恐れを乗り越えた先に素晴らしい世界が待っていると信じて進んでください。


怖いからといって挑戦しなければ失敗することはありませんが、

長い目で見れば「挑戦しなかったことこそが失敗だった」ということもあるのですから。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは光の道を進んで行きましょう

hiermfsre,,erhu

光の道を進めば光に辿り着き、闇の道を進めば闇に辿り着きます。

それはとてもシンプルで当たり前のことですが、

世の中には闇の道を進んでいながら光に辿り着こうとする人もいます。


そのような人はこのように思いながら生きていることでしょう。

「なぜ、自分はいつまでも安らぎや幸福を手に入れられないのか?」

「なぜ、自分はこんなにもネガティブなものばかり引き寄せてしまうのか?」

しかし、その答えは明確です。

それはその人が光の道を進んでいないからに他なりません。


ここで誤解しないでもらいたい大事なことがあります。

それは「光の道が必ずしも明るく楽しいだけの道だとはかぎらない」ということです。

時に暗く狭い道を1人きりで歩かなければいけないこともあるかもしれませんし、

辛くて「本当に今のこの道は光の道なのか?」と疑ってしまうことがあったとしても、

自分が今、光と闇のどちらの道を進んでいるのか本当は分かっているはずです。


人に愛と優しさを与えて毎日を過ごしていながら、

「私は闇の道を進んでいる」とは思わないでしょう?


人を騙し傷付けるような毎日を過ごしながら、

「私は光の道を進んでいる」とは思わないでしょう?


気付かないフリをしないでください。

考えることを放棄して目を逸らさないでください。

自分は自分に嘘は付けませんから本当は自分でよく分かっているはずです。

たとえ、今がどんなに辛く苦しく誰にも理解してもらえないとしても、

自分は光の道を進んでいると胸を張って言えるのならその道を信じてください。


もし、光の道を進んでいながらもどうしても方向転換したいというのであれば、

今とは違う別の光の道を探して進むことも悪いことではありません。

人生は1本道ではありません。

進むことのできる道はいくらでもあります。

1つの道が閉ざされたのなら別の道を進めばよいのです。

あなたの前にはいくつもの種類の違う光の道があることを忘れないでください。

光の道ならばどの道を進んでも最後には必ず幸福という光に辿り着けるのですから。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク