2015年10月

思い込みを捨てましょう

dsxmbdmxvix,vvc

あなたは自分に対して間違った思い込みを持ってはいませんか?

思い込みというものは自分で自分の心を縛っている鎖のようなものですが、

果たしてその鎖は本物の鎖なのでしょうか?

もしかしたら、鎖があると思っているだけで本当は無いのかもしれません。


思い込みと真実は違います。

「自分にはできない」と考えていることは本当にできないことなのか?

それとも、ただの思い込みという鎖で縛られているだけなのか?

そういうことを冷静になって考えてみるべきです。


例えば、鳩がペンギンやニワトリを見て、

「自分にもペンギンやニワトリと同じように羽があるけれど、

ペンギンやニワトリが空を飛べないのだからきっと自分も飛べないだろう」

このように考えてしまうことは思い込みであり真実ではありません。


同じように、自分のやろうとしていることを誰かに「無理だよ」と言われても、

それはその人には無理であってもあなたには無理ではないかもしれません。

「あの人ができないから自分もできない」ではなく、

「あの人ができなくても自分はできるかもしれない」と考えてみるべきです。



もちろん、人間の能力には限界がありますし、

人によって能力も違いますから何でもできるというわけではありませんが、

本当はそれをする能力があるにもかかわらず、

自分の能力に自分の思い込みで勝手に限界を作ってしまい、

諦めてその場所に座り込んでいるのはもったいないことです。

「私にはできない」、「私には無理」、「私にそんな力はない」

それほど行動もしていないうちからそのように考えることはやめましょう。


今までの自分の思い込みや心のブロックを外してみませんか?

思い込みを捨ててその気になって行動してみれば眠っていた潜在能力が開花され、

目の前に新しい世界が広がり今よりもっと高く飛べるかもしれませんよ。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自殺を減らすためには社会が変わらなければいけません

fehixmriuxmgiremxhrgiwm.jpg

自殺を本気で考えている人に、

「死んではいけません。生きていれば良いこともありますよ」と言えば、

「何の根拠も無く何の責任も取らないくせに適当なことを言うな!」

このように反論されるかもしれません。


自殺を本気で考えている人に、

「自殺するくらいなら何でもできるはずですよ」と言えば、

「何でもできるのならとっくにやっている!」

このように反論されるかもしれません。


自殺を本気で考えている人に、

「あなたが自殺したら家族や友人など周囲の人が悲しみますよ」と言えば、

「それなら、家族や友人など誰もいなければ自殺してもいいのか?」

このように反論されるかもしれません。


自殺を本気で考えている人に、

「世の中には生きたくても生きられない人もいるのですよ」と言えば、

「私が自殺をやめたらその人は助かるのか?そうではないでしょう?」

このように反論されるかもしれません。


何が言いたいのかというと、

人生に絶望して心が虚無に堕ち本気で自殺を考えているような人に、

他人が上記のような安易な言葉を投げたところで心には届くことは少なく、

そのような言葉ではその人たちを救うことは難しいということです。


では、「どうすれば救えるのか?」ということになりますが、

今のこの社会には受け皿が無いような気がします。


社会 「自殺はいけません」

自殺願望者 「分かりました。自殺は止めます」

社会 「よかったです。がんばってください」

自殺願望者 「それで私はこれからどうしたらよいのでしょう?」

社会 「知りません。それは自分で考えてください。それでは」


確かに、自分の人生は自分自身で切り開いて進んでいくものです。

しかし、自殺を思い止まった直後の人は身も心もボロボロの状態なのです。

その状態で「自分で何とかしなさい」と放り出す。

自殺はいけないというのなら各地に支援施設を多く作るなど、

具体的に何らかの手を差し伸べる必要があるのではないかと感じます。


自殺は追い詰められた末の死であり、

避けることのできる死であると言われています。


実際にフィンランドでは国家プロジェクトとして自殺対策に取り組み、

10年間で自殺率を3割減少させたというデータもあるそうです。

日本での自殺者は毎年3万人以上といわれていますが、

日本もフィンランドのように本気で対策をすれば必ず自殺率を減少できるはずです。


自殺は殺人と同じことです。

綺麗な殺人がないように綺麗な自殺もありません。

オランダなどのように法律で安楽死が認められている国もありますが、

決して自殺を美化しないでもらいたいのです。


あなたの肉体は宇宙からの借り物であり本当はあなたのものではないのです。

あなたの肉体は時が来たら宇宙にお返ししなければならないものです。

この世に命を授かり生まれてきた以上は、

最後まで命を全うするのが人間としての義務なのです。

それに、この世に生まれてくることを望んだのは他でもない自分自身なのですから。

自分のかけがえのない命を大切に扱ってください。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分が変われば世界が変わる」という意味

zerufmzxnre9gxmyhr9txg.jpg

精神世界では「自分が変われば世界が変わる」とよく言われますが、

それは自分が変われば他人や環境が変わるということではなく、

「今まで自分が見ていた世界の見え方」が変わるということです。


今までの考え方や見方を少し変えてみたら、

「今まで嫌いだった人が良い人に思えるようになった」など、

そのように感じて人間関係に何かしらの変化が起こることもありますが、

その相手は基本的には何も変わっていません。


相手に何か大きな変化があったということではなく、

自分の考え方や見方を変えて自分の世界を変えたことによって、

自分がその相手に対する見る目が変わったということです。

そうすると、自分が今まで相手に発していた波動が変わるので、

相手もこちらが発した波動に合わせた反応を返してくるのです。


つまり、「自分が変われば世界が変わる」ということは、

自分の外側の世界が変わるということではなく、

自分の内側の世界を変えることで見え方が変わり、

自分を取り巻く環境や人が変わったように感じるということです。



もう少し分かりやすく説明するのなら、

今までサングラスをして見ていた薄暗い景色も、

コンタクトに変えてみたら見え方が変わり違う景色だと思うでしょう?

今まで暗くてつまらないと思っていた世界が別の世界になったわけではなく、

世界は何も変わっていないけれど自分が世界を見る目が変わったということです。


今まで正面からしか見ていなかったものを上から、斜めから、後ろからなど、

見る角度を変えることで今まで自分が気付けなかったことにも気付くようになり、

考え方が変わり、感情が変わり、行動が変わり、波動が変わり、

それによって自分の生活や生き方や人生が変わっていきます。


この世界には確かに多くの苦しみや悲しみも存在していますが、

見ようとすればこの世界は私たちに素敵な美しさを見せてくれます。

同じような環境や条件の中で生きていながらも、

「毎日楽しい」と思う人もいれば、「毎日辛い」と思う人もいます。

すべては自分がこの世界をどう捉えてどのように見るかによって決まります。


現在、あなたに見えている世界が美しくない世界であるのなら、

自分の考え方や見方を変えてあなたの目に映る世界を変えてみてください。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せ引き寄せ宇宙の言葉17

caesrhgthbjnkjhbh.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉17】



1、向上心を持ち、積極的に人と関わり、

  季節の変化を感じながら人生を楽しんでください。



2、ネガティブな感情に浸ってしまうような時は、

  目を閉じて自分が大きな光の中に包まれているイメージをしてみてください。



3、人生は何がどこで繋がっているのか分からないものですが、

  それを恐れるのではなく、それを楽しみましょう。



4、いつも愚痴や不満を口にしているということは、

  コップの中に泥水を注いでいるようなものです。

  その結果、いつかコップからその泥水が溢れ出し、

  自分自身も汚れてしまうことになるでしょう。



5、誰かに「あなたには無理」と言われても無理ではありません。

  自分が自分に対して「無理だ」と思った瞬間に無理になるのです。



6、人と深く付き合えば傷つくこともあるでしょう。

  しかし、人と深く付き合うことでしか得ることのできない

  「素晴らしいもの」もあるのです。



7、誰かの行動にイライラするような時、

  実はその原因は外側にあるのではなく内側、

  つまり、自分の心の中にあったりするのです。



8、プレッシャーを自分に背負わされている重荷だと思うのではなく、

  自分を押し上げてくれる前向きな力だと思うことです。



9、今の自分がこの生き方を続けていけば、

  この先に何を引き寄せて何を受け取ることになるのかを考えてみてください。



10、人と繋がり、社会と繋がり、自然と繋がり、

   この宇宙と繋がって生きていくことが幸せに繋がっていきます。



今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク