2015年06月

自分が困っているときにどれだけの人が助けてくれると思いますか?

dxnfuwexnfyrew9xnfy9re.jpg

あなたは自分が困っているときにどれだけの人が助けてくれると思いますか?


あなたが失恋をして悲しみの中で涙を流している時、

親身になって夜遅くまで話を聞いてくれる人はいると思いますか?


あなたが高熱を出してベッドから動けない状態の時、

氷枕やお粥を作って面倒を見てくれる人はいると思いますか?


あなたが仕事を失って生活に苦しんでいる時、

新たな仕事の情報をくれたり食事をご馳走してくれる人はいると思いますか?


このようなことを考えてみたときに、

すぐに誰かの顔がパッ!と思い浮かぶのならよいのですが、

誰の顔も浮かばずに何となく不安になってしまうようなら、

今までの自分の生き方を少し見直してみてもいいのかもしれません。


たとえ、ケータイ電話に何百人もの友人のアドレスが入っているとしても、

自分が本当に困って必死で誰かの助けを必要としているような時、

一体どれだけの人が快く助けてくれると思いますか?

また、自分が死んでしまって葬式を開いた時、

一体どれだけの人が涙を流して葬式に参列してくれると思いますか?


もし、あなたが困っている時に周りの人が誰も手を差し伸べてくれないとしたら、

それは今までの自分の生き方が間違っていたということです。



自分のことを本当に想ってくれる「本物の人間関係」を持ちたいのであれば、

人と上辺だけで付き合うのではなく心で付き合うことです。

人と損得勘定で付き合うのではなく愛で付き合うことです。


人と心で付き合い周りにたくさんの愛を配るようにしてください。

そのように生きていれば自然とあなたの周りには綺麗な花が咲くように、

優しく温かい信頼できる人たちが増えていくことでしょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ポジティブな感情を起点に行動しましょう

dnbfyuwrnrxnm9d.jpg

人が何か行動する時にはいろいろな出発点がありますが、

恐怖や不安などから行動するのではなく、

愛や期待などから行動するようにしてください。


それは具体的にどういうことなのかというと、

宿題をしなければ先生に怒られてしまうからやるのというのではなく、

宿題をすることで学力がアップするし翌朝気持ちよく登校できるからやる。


人に嫌われたくないからみんなと仲良くするというのではなく、

みんなと仲良くしたほうが純粋に楽しいからそうする。


働かなければ食べていけないので仕方なく働くというのではなく、

働くことによってさまざまな経験を積み人として成長できるから働く。


ずっと1人で生きていくのは不安だから結婚するのではなく、

結婚して家族を作り楽しく暮らしていきたいから結婚する。


これらのように同じ行動をするのだとしても、

「ネガティブな気持ちからその行動をするのか?」

「ポジティブな気持ちからその行動をするのか?」


それによってその成果に大きな差が出てしまいます。


なぜなら、ネガティブな感情を起点に行動をしてしまえば、

ネガティブな波動を放射してネガティブなものを引き寄せますし、

逆に、ポジティブな感情を起点に行動をすれば、

ポジティブな波動を放射してポジティブなものを引き寄せます。

ですから、どのような気持ちから行動をするのかが重要なのです。


あなたは、何か行動する時にはどんな気持で始めますか?

どうしてもその行動をしなければならないのなら、

ぜひ、ポジティブな感情を起点にして行動をしてみてください。

そうすれば、上手くいく確率はグッと上がります。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

あなたは自分の心をコントロールできますか?

dsgbdsn8ynded.jpg

日常生活の中ではイライラしてしまうようなこともたくさんあります。

子供が言うことを聞かない、電車で誰かに足を踏まれた、

誰かと肩がぶつかった、ネットで顔も知らない人に罵倒された、

約束した時間になっても人が来ない、前に言っていたことと話が違うなど、

そういう時には文句の1つでも言いたい気持ちになるかもしれませんが、

そういう時に自分の感情を爆発させてしまうということは、

自分の心のコントロールを失って理性を無くしてしまっている状態です。


たしかに、電車で誰かに足を踏まれても知らん顔をされたり、

ネットでよく分からない人によく分からないことを一方的に言われたとしたら、

誰でも反論したくなるというのは当然のことなのですが、

「人の足を踏んでおいて謝ることもできない残念な人」

「ネットで誰かを攻撃してストレス解消することしかできない可哀想な人」


そのように思って許してあげるか、早く忘れて気にしないことです。


ちょっとしたこと、よく考えてみたらどうでもいいようなこと、

そのようなことにいちいち心を乱してコントロールを手放すのではなく、

「こんなの小さなこと」

「こんなことでいちいちイライラすることはない」


そのように怒りに身を任せずに自分の心をコントロールしようとすれば、

自分の心が乱されることなく心の平穏を保つことができます。


人間は誰でも心をコントロールできる力を持っています。

本能や感情だけで生きている動物とは違うのです。

ちょっとしたことでスイッチが入りすぐに感情を爆発させてしまうような、

そのような愚かな人にはならないでください。

自分の心をコントロールできない人というのは、

いつも心の中に何か不満を持って生きている人です。

「こんな小さなことで心を乱すことはない」

そう自分の心をコントロールできる賢い人になってください。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

心が体を支配しています

wxeunfbyuxnbenxe.jpg

心は体のリモコンのようなものです。

意識していなくても体は心の状態に敏感に反応します。

心の状態は体に直接影響を与えます。

あなたの体はあなたの心の状態によって左右されています。


不純な心の状態は体を蝕み神経をボロボロにさせ、

時に体の中に病気まで作り出してしまいます。

それはとても恐ろしいことです。


健康に気を使い無農薬野菜や健康食品などを取り入れ、

どんなに体に優しい物を食べていたとしても、

心の栄養が不足していればそれはあまり意味の無いことです。


ジョギングや筋肉トレーニングなどをして、

どんなに鍛え抜かれた強靭な体を持っていたとしても、

心を鍛えていなければそれはあまり意味の無いことです。


いつも自分の心の状態に気をつけるようにしてください。

いつも自分の心が穏やかである習慣を身につけるようにしてください。

イライラしている人の近くにいるとその波動の影響を受けてしまいますから、

できるだけ、そのような人には近づかないという努力も必要です。

どうしても、ネガティブな感情が心の中になだれ込んでくるような時には、

ゆっくり深呼吸をして愛と感謝でその感情を浄化してあげてください。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは何を引き寄せて何を受け取りますか?

zbbxwbxbtwzbt8.jpg

自分が望んでいるものを引き寄せるのか?

自分が恐れているものを引き寄せるのか?


それは自分の思考の習慣によって決まります。


自分の心の中に美しい花を咲かせるのか?

自分の心の中に雑草を生やすのか?


それは自分の心にどんな種を蒔いたのかによって決まります。


あなたが人を騙し傲慢で身勝手に生きていたらどうなるか?

あなたが怒りや憎しみや恨みを抱えながら生きていたらどうなるか?

あなたが人に優しく愛を与え感謝の中に生きていたらどうなるか?



本当は分かっているはずです。

表面的には気付かないフリをして誤魔化していたとしても、

「この結果、この先の自分は何を引き寄せて何を受け取ることになるのか?」

そのことをあなたは心の奥底では本当はよく分かっているはずです。


自分の人生は自分自身で作り出していくものですから、

今のあなたの現実は過去のあなたが自分の思考と行動により引き寄せ、

「今それを受け取っている」ということです。

今のあなたが受けっている現実が良いものであろうと悪いものであろうと、

全ては自分の思考と行動によって作り上げたものなのです。


これは決して嘘やインチキや詐欺などではなく、

これは「宇宙の絶対なる法則」なのです。

胸を張って幸せを引き寄せられるような思考と行動を選んでください。

闇と悲しみの中に生きるのではなく、光と喜びの中で生きてください。

そのような生き方を続けていれば幸せを受け取る権利が与えられますから、

その時が訪れたらあなたはそれを堂々と受け取ればよいのです。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク