2014年08月

開いた新しいドアに気付くということ

rgtrhctyhjyjygb.jpg

ひとつの幸せのドアが閉じるとき

もうひとつのドアが開く

しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ

開いたドアに気付かない


(ヘレン・ケラー)


人は人生の中で自分の進んでいたドアが急に閉じられてしまうこともあります。

失業、離婚、事故、破産、病気など、

その時は目の前が真っ暗になってしまい、

どこにも出口がなく閉じ込められてしまったように感じるかもしれません。


しかし、どんな時にも、どんな状況であっても、

どこかに何らかのドアが開いているということを忘れないでください。


昔、あるプロのサッカー選手がいました。

彼は若く才能に溢れ、将来の日本代表も期待されていましたが、

ある日、大きな事故に遭って彼は車椅子の生活になってしまいました。

当然、もうサッカー選手としてプレーすることはできなくなり、

サッカー選手としてのドアは閉じられてしまったのですが、

彼はそこで別の新しいドアを開いたのです。

それは「車椅子バスケットの選手」というドアでした。

そして数年後、彼は車椅子バスケットの日本代表となり、

パラリンピックで活躍することになりました。


もし、彼が1つのドアが閉じられてしまったことにとらわれ、

別のドアを開ける勇気が無かったとしたら、

決して今の幸せは手に入れることはできなかったでしょう。


人生は自分の思考と行動によっていくらでも切り開いていけるものです。

1つのドアが閉じられたからといってそこで人生が終わるわけではありません。

たとえ、今の自分が人生のどん底にいるように感じているとしても、

新しい生活に飛び込むことを恐れず、

自分の潜在意識の声にしっかりと耳を傾けて、

未来に向かって新しいドアを開けて進むことを選んでください。


人は誰もが無限の可能性を持っています。

今の自分が人生のどのような場所に立っていようとも、

自分の人生を作り上げていくのは自分しかいないのです。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト



自分の世界の色を変えましょう

recgthyyhrtcthyj.jpg

今のあなたが見ている世界はどんな世界ですか?

あなたの目の前にはどんな世界が広がっていて、

どのような毎日を過ごされているのでしょうか?

ちゃんと色が付いていて鮮やかな世界なのでしょうか?

それとも、色の付いていない白黒の世界なのでしょうか?


もし、今のあなたが白黒の世界の中で味気ない毎日を生きているのなら、

自分の世界に鮮やかな色を付けて自分の世界を変えていきましょう。


まず、どうして今のあなたの世界には色が付いていないのでしょうか?

いつから自分の世界の中が白黒になってしまったのでしょうか?

生まれてからずっとそんな世界ではなかったはずです。

嬉しい時も、楽しい時も、幸せな時もあったはずです。

その時は色の付いた鮮やかな世界が目の前に広がっていたはずでしょう。


もし、過去の何らかの出来事が今の自分に悪い影響を与えていて、

その過去を引きずっていたり、自分を責めて後悔していたり、

それらが原因であるのなら、その過去にいつまでもとらわれることなく、

その過去を受け入れてちゃんと浄化させてあげてください。


もし、過去にどうしても許せない人がいたりなどして、

その過去を引きずっていたり、怒りや憎しみの感情を持ち続けていたり、

それらが原因であるのなら、その過去にいつまでもとらわれることなく、

その人のことを自分の心の平和と安定のために許してあげてください。


幸せも不幸せも自分の心の状態によって決まります。

すべての苦しみや悲しみは自分の解釈によって作られます。

物事の角度を少しだけ変えて考え直してみたり、

現実の受け止め方を少しだけ変えてみたりすることによって、

自分の目に映る世界の色も変わっていきます。


「過去に起きた出来事を自分がどう考えてそれにどんな意味を与えるのか?」


それは自分自身で決めることができるのです。

過去を新しい見方で解釈することによって、

自分の世界に新しい色を付けることができ、

再び光の方向へと歩き出していくことができるのです。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

生生流転

xfghytjkkbbjtjt.jpg

人生のすべてのことは生生流転します。

「生生」とは物が次々と生まれ育つこと、

「流転」とは物事が止まることなく移り変わっていくことを意味し、

生生流転とはすべての物は絶えず生まれては変化していき、

すべての物は移り変わっていくということ、

すべてには始まりがあり、終わりがあるということです。


人は産まれたら、いつか必ず死ぬ時が来ます。

それが早いか遅いかは人それぞれですが、

いつかは誰にも必ず死が訪れます。

それは人生の虚しさを意味しているわけではなく、

人も草木も物もすべてのものにはいつか終わりがあり、

この世の中には永遠のものなど存在しないということです。

(注:魂の存在は永遠ですがここではその話は省きます)


大切な人との死別は辛く悲しいものです。

残された人たちは泣き崩れ、時に泣き叫び、

悲しみのどん底に突き落とされるかもしれません。

しかし、人の命が終わるということは時間の問題であり、

誰もが決して避けることのできない問題なのです。


それならば、いつまでも泣き悲しみ続けるよりも、

すべてをあるがままに受け入れ、

出会えたこと、笑い合ったこと、優しくされたこと、共に時間を過ごせたこと、

今までのそれらのことに対して心から感謝し、

「ありがとう」という言葉を伝えることによって、

亡くなられた方の魂も安心して成仏することができ、

自分の心の中に平和をもたらしてくれるのです。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

悩んでいる時こそ笑顔を作りましょう

dgtrhyjuvfrgvtgh.jpg

最近、あなたは笑っていますか?

最後に大きな声で思いっきり笑ったのはいつでしょうか?


笑いには大きなポジティブエネルギーがあります。

笑うことで病気を回復させたケースもあります。


いつもニコニコ笑顔でいる人のそばにいると、

こちらも何だか楽しい気分になるものです。


仕事で煮詰まったギスギスした重たい空気の会議室も、

誰かがその場にちょっとした笑いを提供することで、

その場の空気が一気に和らぐこともあります。


人は生きているかぎり誰もが大なり小なり悩みを抱えているものです。

それは人生の成功者と呼ばれる人たちも同じです。

体の悩み、仕事の悩み、恋愛の悩み、家族の悩み、人間関係の悩み、

それぞれがそれぞれの立場で種類の違う悩みを抱えているものです。


そういう時にこそ、

日常の中に積極的に笑いを探すようにしてください。

実際に起きた何気ない出来事を面白おかしく解釈するのも良いですし、

ネットで面白画像を検索するのも良いですし、

テレビでお笑い番組を見ても良いのです。


頭の中が悩みで必要以上に煮詰まってしまう前に、

頭の中がマイナスの波動の海で溺れてしまう前に、

笑いを取り入れることによってリラックスし、

複雑に絡まってしまっている悩みの糸を少しずつほどいてください。

そうすることで少し気持ちが楽になりますし、

そういう時にパッ!と何か良いアイデアが浮かぶことも多いのですから。


日々の中に起きる悩みや問題によって笑顔を忘れてしまっている人たちが、

再び笑顔を取り戻せる日が来ますように。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク