2013年01月

素敵な休日の時間の使い方

xrgcrehgth.png

1日は誰にとっても24時間です。

それは大人も子供も職業や社会的地位も関係なくみんな同じですが、

「時間の使い方」は人それぞれ違います。

それによって人生に大きな差が生まれます。


「時は金なり」という言葉もあるように、

時間はお金と同じように大切な価値がありますから、

つまらないこと、くだらないことに時間を使うことはやめましょう。


例えば、休日にヒマでやることがないからといって、

家で1日中ゴロゴロしながらテレビをずっと見ていたりなどして、

ただ時間を無意味に垂れ流しているだけなのはもったいないでしょう。


でも、「そのおかげで疲れもとれて体をゆっくり休ませることができた」と、

それで自分が納得して満足して有意義だったと思えるならいいのですが、

「せっかくの休日に今日1日一体何をしていたのだろう・・・」と、

そう思うような時間の使い方をしてしまえば、

それは自己嫌悪に繋がり、潜在意識にマイナスの感情が刻まれて波動も低下します。


もし、休日に何をしていいのか分からないというのであれば、

とにかく前向きなことに時間を使いましょう。


1、家族サービスをして楽しい思い出を作り家族の絆を深める。

2、しばらく会っていない友人と会って情報交換したりして良い刺激を受ける。

3、スポーツをして体を動かすことでストレスを解消する。

4、資格の勉強をして自分のスキルを上げる。


「めんどくさい」、「ダルい」、「暑いから」、「寒いから」、

そう思って休日にダラダラした時間を使っていれば、

いつの間にかそういう時間の使い方が当たり前になってしまい、

その思考が普段の毎日の生活にも悪影響を与えることになります。


休日に「良い1日だった」と思えるような充実した1日を送ることができれば、

それが心に良い影響を与えて気持ちも前向きになり、

「明日からまた仕事をがんばろう!」ということにも繋がります。


あなたは今度の休日に何をしますか?

どういう時間の使い方をしますか?



大切な休日の時間を無意味に垂れ流して終わらせてしまうことなく、

どうか有意義で充実した素敵な休日の時間を使ってほしいと思います。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

万物は常に移り変わっていくもの

wdxewtr.png

人生には良い時もあれば、悪い時もあり、

人生を車で爽快に気分良く走っているような時もあれば、

背中に重い荷物を背負ってゆっくり歩いているような時もあります。


人生が上手く転がっている時は問題ありませんが、

何をやっても上手くいかなかったり、悪い事が重なったり、

そういうときは辛くて苦しくて全てを投げ出してしまいたいと思うかもしれません。


しかし、万物は常に移り変わっていくものです。

まったく同じ状態がずっと続くということはありません。

どんなものでも、毎日少しずつ変化していきます。

それがこの世の中の本質で諸行無常というものであり、

この世の全ては陰陽のバランスによって成り立っているのですから、

良いときも悪いときも、それが一生続いていくというわけではありません。


一見、何の不自由も無く幸せに見えるような人でも、

産まれてからずっと順風満々だったというわけではなく、

過去に大きな困難を乗り越えてきたという人も少なくありません。


人生で上手くいかないとき、泣きたいとき、どん底に突き落とされたようなとき、

ヤケにならず、闇に流されず、希望を捨てず、心を穏やかに、

万物は常に移り変わっていくものであり、

「いつか状況は変わる」

「少しずつ良くなりつつある」

「明けない夜はない」


そのようにすべてを肯定的に受け止め、

「日はまた昇る」
ということを思い出してください。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

あなたは毎日を楽しんでいますか?

fdhvtjbtyuki.png

あなたは毎日を楽しんでいますか?


毎日仕事が忙しくてそんな余裕が無かったり、

毎日同じような生活の繰り返しに飽き飽きしていたり、

とても毎日を楽しむなんてできないと思う人もいるかもしれません。


でも、楽しむといっても、なにも大きな楽しみでなくていいのです。

ほんのちょっとした小さな楽しみでいいのです。


普段はビールを1本飲むところを、

たまにはビールを2本飲んでもいいでしょう。


普段はお風呂に何も入れないところを、

たまにはお気に入りの入浴剤を入れてもいいでしょう。


普段は映画はレンタルでしか見ないところを、

たまには映画館の大きなスクリーンで見てもいいでしょう。


「そんなことくらいでは楽しいとは思えない」

そう思う人もいるかもしれませんが、

そういう考えを捨てないといつまでも人生を楽しめません。

大きな楽しみや大きな幸せばかりを求めて、

すぐに味わえる小さな楽しみや小さな幸せを踏みつけないでください。


毎日の生活の中に小さな楽しみを見つけて実行していくことで、

「楽しい1日だった」と思うことができます。

その「楽しい1日」を毎日繰り返すことによって、

「楽しい1週間だった」、「楽しい1カ月だった」、「楽しい1年だった」、

そして、「楽しい人生だった」ということに繋がっていくのです。


毎日の中に大きな楽しみや大きな幸せばかり求めるのではなく、

毎日の中に小さな楽しみや小さな幸せを求めるのなら、

誰でもすぐに毎日が楽しくなり幸せになることができます。



何もしないで「毎日がつまらない」と嘆いているだけでは何も変わりません。

毎日がつまらないのなら、

「どうしたら楽しくなるのか?」

「自分は何をしている時が楽しいのか?」


それを考えてみてください。


自分の生活の中に定期的に小さな楽しみをたくさん入れて、

「今日はこんな楽しみがある」

「今週はこんな楽しみがある」


そんなふうにワクワクしながら生きていくと毎日が楽しくなります。

小さな楽しみに気付いてそれを味わえる人が幸せになれる人です。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

あなたは良い人間関係を築いていますか?

rtyvtyvbyiui.png

この世の中で人が生きていくのに、

「人との繋がり」というのはとても大切なものです。


最近、人からの食事や遊びの誘いを断ることが多くありませんか?

最近、人から何か頼みごとをされた時に迷惑そうな顔をしていませんか?

最近、人が困っている時に助けになれることがあっても知らん顔をしていませんか?

最近、人から何かを貰ってばかりで自分は何も返さなかったりしていませんか?


本当に嫌だったり、都合が悪い場合には無理することはありませんが、

「めんどくさい」と思ったり、「ダルい」と思ったりなど、

そういうネガティブな理由で人間関係をないがしろにするのはよくありません。


人間関係が煩わしくて1人で生きる方が楽だという人もいるでしょうが、

この社会で生きていくためには何かしら人と接しなければ生きてはいけません。

仕事で人と協力しなければいけない時があったり、

分からないことを人に教えてもらわなければいけない時があったり、

この社会でまるっきり1人で生きていくことはできません。


日頃から良い人間関係を築いていくことで運がもたらされ、

自分にとってプラスになる良い話を誰かが持ってきてくれたり、

自分が困った時に誰かが手を差し伸べてくれたりなど、

人との繋がりによって人生は豊かになっていきます。


もし、「最近の自分は人との繋がりをあまり大切にしていないかも」と思うのなら、

良い人間関係を築けるように自分の意識を変えていきましょう。


そうやって自分自身が変わることで、

周りの人との関係も少しずつ良い方向に変わっていきます。

「自分が変われば人も変わる」というのは本当のことです。


また、たまには遠く離れて何年も会っていない友人に電話やメールをしてみたり、

年賀状を出してみたりするのもいいでしょう。

しばらく会っていなくてもそれでも繋がっているという関係は素晴らしいことです。


人との繋がりを大切にして良い人間関係を築きながら、

自分の人生を豊かで楽しいものにしていきましょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ケータイやパソコンに執着しない、依存しないこと

ertcytuyj.png

現代はケータイやパソコンを持つのが当たり前の時代になりました。

それらはとても便利でプライベートでも仕事でも、

私たちの生活において欠かせないものとなりました。


しかし、進歩した技術によって生活は便利になりましたが、

逆に、心にとってはマイナスになってしまった部分もあります。


ケータイを忘れて外出すると不安でずっとそわそわしている人、

1時間ごとにメールをチェックしないと落ち着かない人、

パソコンが壊れたらものすごくパニックになってしまう人、

ネットの繋がりを大事にしてリアルな人間関係をないがしろにしてしまっている人、


また、最近の中高生の間では、

友達からメールが来たら何分以内にメールを返さないと仲間外れにされるため、

夜寝る時もケータイを手放せないという話も聞いたことがあります。


ケータイやパソコンは私たちの生活をとても便利で快適にしてくれますが、

それは必ずしも、心まで豊かにしてくれるというわけではないのです。


だからといって、ケータイやパソコンを否定しているわけではありません。

ケータイやパソコンのおかげで私たちの生活は飛躍的に成長することができました。

しかし、それらに依存し過ぎてしまうのは大きな問題です。


自分がケータイやパソコンを操作するのであって、

ケータイやパソコンに自分が操作されないようにすることが大事です。



たまにはケータイを持たずに外出してみたり、

1日パソコンに触らない日を作ってみるなど、

たまには、ケータイやパソコンに頼らない日を作るのもよいでしょう。


「ケータイやパソコンに必要以上に執着しない、依存しない」

それを忘れずに、ケータイやパソコンと上手に付き合っていきましょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク