生き方の法則

どんな人生であっても自分の人生は自分自身で作っています

hggggggdfgdxeexfefefecrrtr.jpg

毎日を生きていればいろいろなことが起こりますが、

起きたそのことには良いも悪いも決まっているわけではありません。


起きた現実は1つですが、

その起きた現実の解釈や、

そのことにどんな意味をつけるのかは人によって違います。


例えば、生まれながらにして両親がいなかったとします。

多くの人は「かわいそう」、「不幸」だと思うでしょうが、

宇宙の視点で見れば、

「生まれながらにして両親がいなかった」

その現実があるだけであり、

そのことに良いか悪いかが決まっているわけではないのです。


つまり、「起きた現実」に最初から意味がつけられているのではなく、

意味は人がそれぞれ自分で自由につけているのです。

「そのことを自分はどう感じているのか?」が全てなのです。

そのことに自分がどう意味をつけるのかによって人生が展開していきます。


そのことにポジティブな意味をつければポジティブに展開しますし、

そのことにネガティブな意味をつければネガティブに展開します。



そのように自分がいろいろなことに自分で意味をつけていくこと、

それが「人生」という自分のストーリーになっていくのです。


どんな人生であっても自分の人生は自分で作っていて、

人生は自分の考え方次第でどんなストーリーにも変えることができますから、

自分の人生は全て自己責任だと言うことができるでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



自分が見たい世界を見るために

jhihhdxmioeofhhhhddfdd.jpg

優しい世界を見たいのなら、

まずは自分が優しくなることです。


愛のある世界を見たいのなら、

まずは自分が愛を持つことです。


幸せな世界を見たいのなら、

まずは自分に今ある幸せを感じることです。



多くの人は先に自分に与えられればそうなれると勘違いしていますが、

誰かに優しさを与えられたから優しい世界が見られるのではなく、

先に自分が優しさを与えたからその優しさが自分に返ってくるのです。

重要なことは「まずは自分から」です。


この世界は鏡のようなものであり、

「自分が与えたものが自分に返ってくる世界」ですから、

この世界は今の自分の思考や行動と同じレベルの世界を見せてくれます。


今あなたが見ているその世界は素敵な世界ですか?

今あなたが見ているその世界は自分が望んで見ている世界ですか?

もし、そうでないのなら自分が今見ているその世界を変えてしまいましょう。


自分が見たい世界を見るためにはそのためのチケットが必要になります。

チケットを持たずに見たい世界を見ようとしてもその世界のドアは開きません。

「そのチケットは何か?」というのは最初に書いてあることです。


そのチケットを手に入れるためにはお金や人数制限は一切必要ありません。

今の自分の思考と行動を変えることによって誰でも手に入れることができます。

人が見ている世界を羨ましがっていても仕方がありません。

今の自分が見ているその世界を変えたいのなら今の自分を変えることです。

「いつか」、「そのうち」、「気が向いたら」ではなく、

今この瞬間から変えることができることを少しずつ変えていってください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生で自分だけの花を咲かせましょう

cgncuimcfhiomiomhm.jpg

自分の人生に綺麗な花を咲かせたいのなら、

そのための種を育てることです。


すでに咲いている他人の綺麗な花を奪い取り、

それを無理やり自分の中に植えたとしても、

その花は自分の中に根付くことなくすぐに枯れてしまうでしょう。


なぜなら、その花は他人の土壌で育った花であり、

自分の土壌で育つ花とは成分が違うからです。


他人の人生に咲いている花を羨ましがっていても仕方がありません。

自分の人生に咲かせる花は、

自分の中で種から大事に育てていくしかないのです。


その人にはその人にしか咲かすことができない花があるように、

自分には自分にしか咲かすことができない花があるのです。


人はそれぞれ違う花の種を持って生まれてきます。

それを「才能」と呼びます。


生まれ持った力、努力することで伸びる能力など、

誰も最初から自分の才能はハッキリとは分かりません。


「自分は人生でどんな花を咲かすことができるのか?」


それを見つけるためにはいろんなことをやってみることです。

自分が興味のあることはもちろんのこと、

あまり好きではなくてもなぜか人より出来てしまうこと、

今まで一度もやったことがないけれど人に勧められたことなど、

頭の中だけでずっと考えているのではなく、

いろいろなことを実際に行動して経験してみることです。

その中で今まで気付かなかったこと、

初めて感じる新しい気持ちが心の中に広がるかもしれません。


もし、その経験の中でヒントを得ることができたとしたら、

あとはその種を自分の中でワクワクしながら育ててみてください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の前の今をちゃんと見て生きていますか?

15778962462_98a1c7b091.jpg

目の前にある今を捨てて、

過去のことだけを大事に抱えて毎日を生きている人は辛いでしょう。

自分の過去がどんなに素晴らしかったとしても、

過去は幻のようなものです。

今、目の前にその過去はどこにもありません。

それは頭の記憶の中にあるだけで目の前には何もありません。


思い出を大事にすることがいけないと言っているのではなく、

目の前にある今の全てを無視して、

今はない幻のような過去の中に逃げ込んではいけないということです。


毎日が充実して楽しかった過去は今でも忘れたくないでしょうし、

自分が輝いていた過去の中で生きるのは楽しいでしょう。

しかし、その過去は今どこにもありません。


今の自分はその楽しかった日々の延長線上にはいないかもしれませんが、

今はあるのは今だけであり、

今は昔の自分の姿はどこにはありません。

そのことを認めて受け入れることです。


人間というものは今よりも、

すぐに過去や未来に意識を向けてしまいますが、

目の前にあるのはいつでも今だけです。


過去に自分が輝いていた姿は、

たまに写真で見て懐かしんで楽しめばいいのです。

今の自分には今の自分の生活があり、

それを過去の自分と比べる必要はなく、

今は今の自分が大切にしたいモノを大切にすればいいのです。

いつでも「今の自分」が大切にしたいモノを大切にすればいいのです。


昔の写真を見て懐かしむのもいいでしょう。

同窓会に行って旧友に会うのもいいでしょう。

しかし、今の自分が今一番大切にするべきなのは今の自分であり、

今の自分が嫌だからといって過去や未来の中に逃げ込まないでください。


今の自分がどんな状況であろうとも、

逃げることなく今をちゃんと生きてください。

私たちが生きることができるのはいつでも今だけです。

今を大切にして今を一生懸命に生きてください。

私たちは過去や未来ではなく、

いつでも今を生きることしかできないのですから。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のやりたいことは恐れずやってみませんか?

gdiuojokiosxyduyuiyjsjsds.jpg

私たちはもっといろいろなことを経験していきましょう。

人生の中でやりたいことがあるのなら恐れず挑戦しましょう。

「失敗したらどうしよう」、「恥をかいたらどうしよう」など、

そのような不安が分厚い雲のように心の中を覆ったとしても、

「それをやってみたい」と思う気持ちがあるのなら前に進みましょう。


「やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい」

このよく聞く言葉を最初に誰が言ったのかは知りませんが、

本当に全くその通りだと思います。


やらない理由を考えればいくらでも出てくるでしょうが、

自分の心が「本当はやりたいくせに!」と叫んでいるのなら、

それはもうやるしかないのではないでしょうか?


自分がやりたくないことをやるわけではなく、

自分がやりたいと思っていることをやるのですから、

そこに不安や恐怖があったとしても、

「やってみたい」という自分の気持ちを優先してあげましょう。


たとえ、そこで失敗して恥をかいて痛い思いをしたとしても、

自分がやりたかったことをした結果であるのなら良しとしましょう。

そのような結果も全て経験として積み重ねていけばいいのですし、

また、その経験こそが自分を成長させてくれる宝物になったりもするのです。


今、あなたが本当はやりたいと思っているのに失敗を恐れて、

「でも」、「だけど」と自分に言い訳をしてやらずにいることはありませんか?

人生は光のような速さであっという間に過ぎていきます。

もし、明日自分が死んでしまうとしたら恐れるものなどないでしょう。

やりたいことがあるのなら、命があるうちに思い切ってやってみませんか?

もしかしたら、少しの勇気が自分の世界を変える大きな一歩になるかもしれません。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク