ネガティブな感情に振り回されないでください

0
私たちの心の中には毎日いろいろな感情が浮かんできます。何かを見る度に、誰かに会う度に、何かをする度に、良い感情でも、悪い感情でも、ポジティブな感情でも、ネガティブな感情でも、その何かしらの感情が自然に心の中に浮かんできて、どんな感情が浮かんでくるのか自分の頭では選ぶことはできません。ここで大事なことは、自分の中に浮かんでくる感情は自分では選べないのですから、いくら、過激で暴力的な感情が浮かんできた...

感謝は愛の波動になり幸せを運んできてくれます

0
ポジティブに生きることはとても大切なことですが、それはプラス思考や笑顔でいるということだけではなく、「どんな時でも感謝を忘れない」そのような生き方でも十分にポジティブに生きている意味を持ちます。感謝することはとても大切なことです。感謝は愛の波動になり自分を優しく包み込み幸せを引き寄せてくれるからです。もし、他人や物などに感謝することが難しいと思うのなら、自分自身のことについて何か感謝をしてみてくだ...

自分の外側を変えるより自分の内側を変えましょう

5
自分の外側に見えているモノは、本当は自分の内側に存在しているモノなのです。自分の内側にあるモノが現象として外側に表れているのです。これは精神世界では「鏡の法則」と言われています。ですから、自分の外側に見えているモノが嫌ならば、自分の内側を変えていくしかありません。自分の外側を変える努力をするより、自分の内側を変える努力をすることです。今の自分の目の前に広がっている世界を変えるためには、今の自分の中...

時間がほとんどのことを思い出に変えてくれます

0
人生を生きていればいろいろなことが起こりますが、時間が経てばそのほとんどが「思い出」に変わっていきます。嬉しいことや楽しいことはもちろんのこと、悲しいこと、苦しいことや、辛いことなども、時間が経てばそのほとんどのことが「懐かしい思い出」として、自分の心の中にすんなり収めることができる時がきます。例えば、あなたの今までを少し振り返ってみてください。友人とケンカをしてそのまま疎遠になったことがあったか...

あなたは今どんな気分ですか?

0
「今、自分の心の中を穏やかで心地よい気分にする」これ以上に大切なことはありません。なぜなら、今の自分の心にどんな感情が広がっているかによって、その波動が電波のように宇宙に放射され、それによって自分に引き寄せられてくるものが決まるからです。例えば、いつもニコニコしている人には優しい人が寄ってきますし、いつもプンプンしている人には不機嫌な人が寄ってきます。このことは宇宙の法則を信じていない人でも頷ける...

判断を手放して今起きていることをただ見てみませんか?

0
私たちはいつも「これは良い、これは悪い」、「これは楽しい、これはつまらない」、「これは好き、これは嫌い」など、常に何かを判断しながら生きています。でも、少しの間だけでもいいですから、全てのことに判断することを止めてみてください。頭の中にどんな思考が浮かんでこようとも、耳に車の音や鳥の声が聞こえてこようとも、何かを判断したり、ジャッジすることを停止して、「今起きていることをただ見る」「今という瞬間に...

後悔している自分を許してあげませんか?

0
人は自分がしたことに対して後悔することが多くあります。そのため、「後悔を減らしたい」、「後悔をしたくない」など、なるべく後悔をしないように消極的に生きようとする人もいます。誰でもできることなら後悔はしたくありませんから、その気持ちはとてもよく分かります。しかし、その時の自分が「これがベストである」と考えてしたことが、結果的に「そうではなかった」としても仕方がないでしょう。つまり、その時の自分が「こ...

心の中に広がる雲の上には青空が広がっています

3
今、空一面に灰色の雲が広がっているとしても、その曇り空の上には青空が広がっています。今、空一面に広がった雨雲が大雨を降らせているとしても、それが永遠に続くわけではなくまた青空が顔を出します。私たちの誰もがそのことを知っています。人生に起きる悲しみ、不安、心配、苦しみ、怒り、後悔、嫉妬、それらの感情は心の中に広がる雲みたいなものです。今はそれらの感情という雲が心に雨や雷で荒らしているとしても、その雲...

自分を苦しめている考えを変えてみるということ

0
自分の中に「~であるべき」、「~すべき」という考えがあり、それが正しいのだとその考えを強く握りしめているために、もし、今の自分自身がひどく苦しんでいるのだとしたら、その考えを変えて強く握ったままの手を少し緩めてみてもいいかもしれません。例えば、挨拶は必ずするべきであるという考えの人がいるとします。その人は誰にでもいつも自分から挨拶をしていて、こちらが挨拶をしたのだから相手も必ず挨拶を返すべだと考え...

思い込みという幻に苦しまないでください

0
「思い込み」というものは正しい時もあれば、間違っている時もあります。つまり、「思い込み = 真実」ではありません。しかし、人は何かを思い込んでいると、起きたことを何でもその思い込みと結び付けて自分を納得させ、さらにその思い込みを強固にして小さな風船を膨らませるように大きくし、本当は真実がどうか分からないものを真実のようにしてしまいがちです。そして、自分のそのような勝手な思い込みが被害妄想を生み、そ...

大切なものを失う前に気付こうとする意識を持ちましょう

6
本当はとても大切なのに、その大切なものに甘えて負担をかけていれば、いつかその大切なものが潰れてしまうかもしれません。そうなれば、きっと自らの甘さと愚かさに打ちのめされることでしょう。失って気付くのではなく、失う前に気付くことです。しかし、人は失う前に気付くことは難しいのかもしれません。失ってしまったからこそ初めて気付けることもあるでしょうが、それでも、失う前に気付こうとする気持ちが大切でしょう。自...

後悔という過去の苦しい幻から逃れるために

3
あなたが過去をいくら後悔しているとしても、終わってしまったことを変えることはできません。過去は過去であり、今はもう今しかないのですから。人は生きていれば誰でも終わったこと、過ぎ去ったこと、自分の過去についていくつかの後悔をするでしょうが、その苦しみや悲しみから逃れるためには、基本的に「終わったことは仕方がない」と考えることです。それはとても単純な話なのですが、このとても単純なことがとても難しく、頭...

自分のために恨みや憎しみを手放すということ その2

2
これは20年以上前に私が実際に経験した話です。当時、私が勤めていた職場で一番仲の良かった同僚の女性がいました。その女性はとても真面目で温厚で笑顔がとても素敵な女性でしたが、その時、彼女はヤクザの男性と付き合っていたらしく、そのことでいろいろと悩んでいて私は度々相談にのってあげていました。そんなある日、彼女から大事なお願いがあるということで、近所の喫茶店に呼び出されて話を聞いてみると、彼女が今付き合っ...

自分のために恨みや憎しみを手放すということ その1

2
怒りは一度爆発させれば徐々に落ち着いていきますが、恨みや憎しみというものはそういうわけにはいかず、長い時間ずっと心の中に張り付いてしまうものです。それは自分の心の中にいつまでもカビを生やしているようなものです。そのような状態で幸せになれるでしょうか?もちろん、人が誰かに恨みや憎しみを持つということは、それ相応の許しがたい出来事があったことでしょう。しかし、恨みや憎しみで相手に復讐をしても、それはま...

自分の中にいる「いろいろな自分」に気づくということ

0
あなたは自分はどんな人だと思っているでしょうか?多くの人は自分で「自分はこんな人間である」と思っているでしょう。ですから、例えば、人前で自己紹介する場面では、「自分は人見知りですがよろしくお願いします」など、そのように自分が思っている自分を説明するでしょう。しかし、自分が思っている自分だけが真実なのではありません。自分では人見知りだと思っていたとしても、他の人から見れば「そんなことはない」と思われ...
スポンサーリンク