心の法則

今心の中に広がっている気分が目の前の世界を作り出す

hmdhcfhxdgjfhgjhgjhfhgfgfdd.jpg

心の中に良い気分が広がっていれば、

目の前にも良い気分の世界が表れますし、

心の中にドロドロの気分が広がっていれば、

目の前にもドロドロの世界が表れます。


それは鏡と同じようなものです。

自分が笑っていれば鏡の中の自分も笑いますが、

自分が泣いていれば鏡の中の自分も泣きます。

自分が泣いているのに鏡の中の自分は笑っていたら変でしょう?


今見えている目の前の世界は自分の心の中が反映していますから、

今見えている目の前の世界を変えたいのなら、

今自分の心の中に広がっている気分を変えてあげることです。


「今自分の心の中に広がっている気分が目の前の世界を作っている」


「自分の内側の世界を変えれば外側の世界も変わる」



このことが理解できれば、

やるべきことは心の中を早く良い気分にしてあげることです。

それができれば厚い雲が流れて自然に晴れ間が広がるでしょう。

楽しいことをしたり、美味しい物を食べたりで気分を変えてもいいですが、

オススメは「今自分が感謝できる数を数えてみる」です。

これはいつでもどこでもすぐできるだけではなく効果も絶大です。

感謝の気持ちは愛の波動ですからすぐに心の中を良い気分で満たすことができます。


いつも自分の心の中に今どんな気分が広がっているのか考える習慣を持ち、

良くない気分が広がっていることに気付いた時は修正してあげてください。


さて、今あなたの心の中にはどんな気分が広がっていて、

今あなたの目の前にはどんな世界が見えているのでしょうか?


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



今までとは違う方向から見てみましょう

fjcuircufmhuhfuhfehfehfefefdd.jpg

世の中には自分のことが嫌いだという人も少なくありません。

もし、自分のことが嫌いだと思うのなら、

自分が自分を見ている今の方向を変えてみることです。


今まで自分を見ていた方向ではなく、

今までとは違う方向や角度から自分を見てみる。

すると、今までは気付かなかった自分の一面が見えてきて、

「ああ、意外に自分にも良いところがあるじゃないか」

そのように自分を少し肯定する気持ちになることもあります。


1つの方向からしか見ていなければそれが全てになってしまいますが、

いろいろな方向から見みることができればいろいろな解釈ができますから、

その中で自分のコンプレックスなどについても見方が変わり、

それが欠点ではなく逆に自分の長所や武器にすることもできるでしょう。


また、それは自分自身に対してだけではなく、

他人、仕事、生活、恋愛などいろいろなことにも使えます。


「今までとは違う方向から見てみること」


現実は1つでも見る方向を変えてみると、

その瞬間に見え方は変わり目の前に広がる景色も変わるのです。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の苦しみはこの先の喜びを味わうためにある

fffffjjkkjxnidhunfxusfunsf.jpg

闇を知らなければ光を知ることはできません。

絶望を知っているからこそ、

幸せのありがたみを知ることができるのです。

苦しみを経験したからこそ、

それを乗り越えた時に喜びを感じることができるのです。


もし、今あなたが苦しみの中にいるのだとしたら、

「今の苦しみはこの先の喜びを味わうためにある」

そのように考えてみてください。


幸せの光だけが光だけじゃないことを考えてみてください。

本当は闇の中にも光があることを知ってください。


自ら進んで苦しみや悲しみの中に入っていく必要はありませんが、

苦しみや悲しみを経験することは決して無駄ではありません。


もし、人生で苦しみや悲しみを全く経験することがなければ、

その先の楽しみや喜びに出会うこともないでしょう。

なぜなら、人生に楽しみや喜びしかなければ「それが普通」であり、

それが楽しみや喜びであると気付くことはできないからです。


例えば、毎日仕事で朝から夜まで忙しく働いていれば、

一週間の休みが取れればどれほど幸せかと思うでしょうが、

仕事を辞めて毎日が休みになってしまえば「それが普通」になり、

そのことに幸せやありがたみを感じることもなくなってしまうでしょう。


私たちは誰もが苦しみや悲しみを嫌いますが、

「苦しみや悲しみがあるからこそ、楽しみや喜びを味わうことができる」

そのように考えてみてください。


すると、今の自分の苦しみや悲しみが少しだけ軽くなり、

自分自身に負けてしまいそうな気持ちも少し和らげることができるでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭の中で勝手に聞こえてくる声のおしゃべり

fmimhumhmhdmfdfdf.jpg

ある時、自分でもよく分からないけれども、

無意識に頭の中で急に変な声が聞こえてくることがあります。


例えば、「これはこうすべきでしょ?」、「ほら、やっちゃえよ」など、

自分ではない誰かが頭の中で勝手におしゃべりしているような感覚です。


もし、そんな声は今まで聞こえたことがないと思ったり、

そんな声が聞こえる人は精神的におかしいからだと思うのであれば、

今回のこの記事はこれ以上読まない方がいいかもしれません。


話を戻しますが、

その声が心地良くて安心するのなら従えばいいのですが、

「何でこんな変な声が聞こえてくるのか?」と違和感を持ち、

その声にネガティブな感じがするのであればその声を無視することです。


そういう時は、

「本当の自分というものは頭の中ではなく心の中にこそいる」

このことを思い出してください。


頭は単に体の中の一部であり、

その体とは別の場所にある「心」と呼ばれる場所にこそ、

本当の自分というものがいるのです。


ですから、頭が言っていることと、

心で感じていることが違うのであるのなら、

頭の声より心の声を信じた方がいいでしょう。


頭の中で勝手に聞こえてくる心地良くない声には、

「ああ、今、自分の中でまた勝手におしゃべりが始まっている」

そのように軽い気持ちで流してあげればよいでしょう。

頭の中で勝手に聞こえるその声に従わなかったからとしても、

別に何かのバチが当たるというわけでもありません。

自分の心が「心地良くない」と感じたのならそれが唯一の答えなのですから。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今あなたが抱えているモノは本当に必要なものですか?

jhjhjgbyxnnxuinwnywndsds.jpg

私たちは時々少し立ち止まり、

「今の自分が抱えているモノは本当に必要なものなのか?」

このことを考えてみる時間が必要なのではないかと思います。


私たちは日々の生活の中でストレス、苛立ち、苦しみなどを感じ、

その度に心の中が散らかってしまうことが多々あるでしょう。


しかし、その時に少し考えてみてほしいことは、

「自分は本当は抱えなくてもいい荷物を抱えているのではないか?」

そのせいで、本来は苦しまなくてもいいことに苦しんでいるのではないかと、

そのことを少し自問自答してみてはどうでしょうか?


例えば、過去の恨み、失敗、後悔など、

そのことを今でもずっと忘れられず、

今でもその時の映像を心の中で何度も再生させ、

その度に傷つき苦しみ続けている人も少なくありません。


本当はもう手放してもいいはずなのに、

手放してしまえば楽になれると分かっているはずなのに、

「執着」という鎖に縛られてしまっている人も少なくありません。


今一度考えてみてください。

今あなたが抱えているモノは本当に必要なものですか?


「過去に必要だったモノ」ではなく、

「今自分に必要なモノ」を大切にすればいいのです。

過去はもうありません。

いつでもあるのは今だけです。


今の自分にとって本当は何が必要で本当は何が必要でないのか?

今の自分にとって本当は何が大切で本当は何が大切でないのか?


それらを自分の中から見つけ出し、

今の自分にとっていらないものを手放すことによって、

自分の心の荷物を減らすことができます。

本当はいらないモノをいつまでもぶら下げながら生きることはやめましょう。

人生で本当に必要なモノというのは本当はそれほど多くはないのですから。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク