ツイッターまとめ

幸せ引き寄せ宇宙の言葉41

hhjhjhxdgdjhdsjfgghggdsjdhsoei.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉41】



1、どんな悲しみや苦しみに出会ったとしても、

  「これは自分の力ではどうしようもなかった」

  このことを認めて受け入れることで、

  また新たにゆっくりと前に進んで行くことができるでしょう。



2、「人のために」と頑張ることも大事ですが、

  「自分のために」と頑張っていたことが結果的に「人のために」なることもあります。

  「自分のために」と努力してきたことが誰かの励みになることもあります。

  自分が今やりたいことがあるのならそのことに一生懸命に力を注いでください。



3、自分は決して自分の力だけで生きているのではありません。

  自分1人の力で成功したと思うのは傲慢でしかありません。

  だからこそ、誰かが困っている時には手を貸し、

  誰かが泣いている時には肩を貸してあげてください。

  そういう気持ちを忘れなければ宇宙はいつでも暖かな光で優しく包んでくれます。



4、過去に自分が経験した負の経験は、

  今その経験で苦しんでいる人たちのための力になってあげてください。

  過去にイジメで苦しんだことがある人は、

  今イジメで苦しんでいる人の力になってあげてください。

  過去に大切な人を失った経験がある人は、

  今大切な人を失って悲しんでいる人の力になってあげてください。



5、人生は「どうにもならない」と思うことが起きても、

  実際には「どうにもならないなりに、どうにかなっていく」ものです。

  自分の人生を振り返ってみれば今まで「どうにもならない」と思うこともあったのに、

  それでも今こうしてちゃんと生きているのですから。



6、どんなにリアルに感じた夢であっても目が覚めてしまえば泡のように消えてしまいます。

  同じように、私たちが今リアルに感じているこの人生というものも、

  目が覚めてしまえば泡のように消えてしまうのかもしれません。



7、人生で起きることは全て縁次第です。

  宇宙の流れの中で「そのようになっていたこと」が起きるだけです。

  好きな人と結ばれることも、願い叶わず離れてしまうことも、

  全ては「そのような縁だった」ということなのです。



8、人生で新しいことにどんどんチャレンジしている人は失敗の不安がないからではなく、

  不安はあっても前に進む勇気があるからでしょう。

  失敗の不安がない人はいませんし、誰にでも不安はあります。

  「不安だからやめる」か「不安でも一歩進むか」の違いなのです。



9、私たちは1つの同じ世界の中にいるようでも、

  本当は人それぞれ見えている景色は違い、

  本当は人それぞれ違う世界を生きているのです。



10、過去の自分がどうであったかとか、未来の自分はどうなっているとか、

   そんなことよりも、「今の自分がどのように生きているのか?」

   これ以上に大切なことはありません。

   過去を悔やんだり、未来に不安を持つことが悪いということではなく、

   それよりも今の自分が今できることを精一杯にやることです。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



幸せ引き寄せ宇宙の言葉40

muirmcghohfjdhfjdfdfkdkf.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉40】



1、あなたから去っていく人もいれば、近づいてくる人もいます。

  あなたに近づいてくる人もいれば、去っていく人もいます。

  それがあなたにとって良いか悪いかは、

  今のあなたの波動の周波数によって決まるでしょう。



2、イライラや怒りの感情を持つことが悪いのではありません。

  その感情に支配されてしまうのがいけないのです。

  自分の中にネガティブな感情が浮かんできたとしても、

  その感情に支配されなければいずれ天気が変わっていくように、

  その感情も少しずつ流れ去っていくでしょう。



3、空に浮かぶ雲は流れて消え去ったとしても、

  空自体は決して流れて消え去ることはありません。

  それと同じように自分の体は無くなったとしても、

  「本当の自分」というものは決して無くなることはないのです。

  本当の自分は雲なのではなく空であることを忘れないでください。



4、始まりがあれば、いつかは必ず終わりが来ます。

  しかし、終わりが来れば、また新しい始まりがあります。

  終わったことには感謝して手を振り、

  新しく始まることを笑顔で迎えましょう。



5、人間関係ですごく疲れてしまうのは本当の自分を出していないからでしょう。

  偽りの仮面を被り違う自分を演じているから疲れてしまうのです。

  仕事では違う自分を演じることも必要ですが、

  プライベートならできるかぎり本当の自分を出していきましょう。



6、人間関係を穏やかに楽しくするためには、

  自分がしてほしいと思うことを自分の周りの人たちにすることです。

  この世界は自分が与えたものが自分に返ってくるのですから。



7、人は誰もが「自分というフィルター」を通してそれぞれ違う景色を見ていますが、

  宇宙のフィルターを通して見ればそこには分離も違いもなく、

  全てのモノは1つであり誰もが繋がっていることに気付くでしょう。



8、今日の自分の中にとても大きな怒りの感情が広がっているとしても、

  明日の自分の中には穏やかで気持ちの良い感情が広がっているかもしれません。

  空の天気のように今日は嵐でも明日はスッキリと晴れることもあります。

  どうか、今の勢いに任せて怒りの感情を爆発させないでください。



9、私たちは縁によって人と出会いますが、

  それは人だけでなく動物たちとも縁によって出会います。

  今、あなたが飼っているペットも縁があってあなたの家に来たのです。

  そのことを忘れずこの先も大切にしてあげてください。



10、自分の意志で決めたと思うことでも自分の意志というよりは、

   「まるで、そうなることが最初から決まっていたために、

   自分は自然とそうすることにした」

   そのように感じたことを経験した人もいるかもしれません。

   それを人は運命と呼ぶのかもしれません。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せ引き寄せ宇宙の言葉39

hhhuihdshduuuuuxhjxanxgd.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉39】



1、私たちは「自分という存在」がそれぞれ個別に生きているのではなく、

  本当は誰もが「宇宙の一部として生かされている存在」なのです。

  たとえ、1人きりで孤独を感じているとしても、

  本当は誰もが宇宙という同じ愛の中で繋がっているのです。



2、人はよく過去に意識を飛ばして後悔します。

  「あの時、こうすればよかった」、

  「あの時、そうすべきではなかった」など。

  しかし、その時の自分が「こうしたい」、

  「これがベストだ」と思うことをしたのであれば、

  その結果はどうであれ、

  必要以上に自分を責めることはないでしょう。



3、色即是空、空即是色。

  色しか知らずに色の世界を生きるのではなく、

  空も知ったうえで色の世界を生きることです。

  すると、今までとは見える景色は違ってくるでしょう。



4、人は他人によって変わるのではなく、

  「自分自身で変わろう」と決めた時だけ変わることができるのです。

  他人はそのキッカケや手助けをすることはできますが、

  自分を変える気持ちのない相手にいくら「変わりなさい」と言っても、

  その相手を変えることはできないのです。



5、人は望みが叶った時、

  幸せを感じて喜び目の前の世界がキラキラと輝いて見えますが、

  その喜びや幸せはいつまでも続きません。

  なぜなら、次第にそれに慣れてしまい、

  それが普通になってしまうからです。

  そして、人はまた新たな望みを求めるようになり、

  今ある喜びや幸せに感謝しなくなってしまうのです。



6、人生で「自分のために何ができるか?」を考えることも大事ですが、

  「人のために何ができるか?」を考えることも大事です。

  なぜなら、それは自転車の両輪のようなものであり、

  どちらかだけでは素晴らしい人生を歩めないのですから。



7、自分の思考、行動、観念、

  それらによって人生に何が引き寄せられてくるのか決まるのですから、

  私たちは時々立ち止まり、

  「今の自分の思考、行動、観念は健全だろうか?」

  それを考えてみることも必要でしょう。



8、感謝は愛の波動であり、

  その愛の波動を周りに放射し、

  また自分自身もその愛の波動に包まれることによって、

  人生は素晴らしいものになっていくのです。



9、何でも全て自分次第で変えることができると思うのではなく、

  何が起きても「そういう縁だったのかもしれない」と考え、

  自分のコントロールを手放し宇宙の流れに身を任せてみる。

  このような生き方を取り入れることも大事なことでしょう。



10、人は頭の中で考えようとしてはいなくても、

   勝手に頭の中に自分の意志とは関係なく、

   さまざまな思考や映像が流れ込んでくることがあります。

   では、それは誰がやっているのでしょうか?

   そのことをよく考えてみれば、

   自分という存在は自分の意志だけで動いていないことが分かるでしょう。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せ引き寄せ宇宙の言葉38

mnnnnnsgdgsysguuaysygds.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉38】



1、楽しく生きたいのなら自分の幸せを他人と比較しないことです。

  幸せとは自分の内側で感じるものであり、誰かと比べるものではありません。

  また、自分の力ではどうすることもできないことは受け入れてしまうことです。

  それが楽しく生きていく秘訣です。



2、「世界をひとつに」

  これはとても素敵なことですが、

  自分には自分の世界があり、

  相手には相手の世界があるのですから、

  無理に同じ世界になる必要はないでしょう。

  自分が自分らしくいて、相手も相手らしくいて、

  それでいてお互いの世界が近づくことができればそれで十分に素敵なことでしょう。



3、運が良くなるまで待っていたり、

  チャンスが来るまで動かずにいるのではなく、

  今の自分ができることを今の自分がいる場所で精一杯にやることで、

  運やチャンスを引き寄せることができるのです。



4、今のあなたの人生の季節がどんなものであろうと、

  どんな季節にも良いところもあれば、悪いところもあり、

  どんな季節にもその季節の味わいというものがあります。

  いつでも、その季節の中でポジティブな部分を探してみてください。



5、全ての苦しみの原因は「それを受け入れることができない」ために起こります。

  何が起きようとも、

  「起きたことを全て受け入れる」

  それができれば苦しみを取り除くことができます。

  これが人生を穏やかに生きていくためのヒントになります。



6、昨日の嫌だったことはもう忘れて、

  明日の心配や不安に苦しむこともやめて、

  今日、今というこの瞬間を心穏やかに過ごすことに意識を向けてください。



7、幸せになりたいのなら感謝をすることです。

  どんな小さなことでもいいですからたくさん感謝をすることです。

  感謝をすればするほど幸せを感じることができます。

  なぜなら、感謝は愛の波動であり、

  幸せとは愛の波動に包まれることなのですから。



8、自分を変えたいと思うのなら、

  性格を変えようとするよりも環境を変えてみることです。

  今の環境を変えることで生活、考え方、習慣などが変わり、

  徐々に自分が変わっていくでしょう。



9、この世に変わらないモノはありません。

  全てのモノは変わっていきます。

  今、自分が大切に握りしめているものでさえ少しずつその形を変え、

  少しずつその意味を変えていきます。

  川の流れが止まることはないように全てのモノは流れていくのです。



10、不幸な出来事があったから不幸になるわけではありません。

   その出来事を「不幸なことだ」と自分で決めた時、

   そこに不幸が現れるのです。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せ引き寄せ宇宙の言葉37

ummdxxnuinxmiusmunxsxmxudds.jpg

【幸せ引き寄せ宇宙の言葉37】



1、今までうまくいっていたことが徐々にうまくいかなくなってきた時、

  人は「何で?どうして?」と落ち込んでしまいますが、

  全てのことは移り変わっていくものです。

  永遠に変わらないものなど存在しません。

  それが自然の流れなら素直に受け止める方が楽ですし、

  変わる時がきたのかもしれません。



2、私たちは自分の人生がこれからどうなるのかは分かりませんが、

  何が起きようとも、どんな世界が広がろうとも、

  常にその時の「今」できることをやり、

  その時の「今」楽しめることを精一杯に感じましょう。



3、全力で努力をしても報われないことは多くあります。

  しかし、「全力で努力をしてやるだけのことはやった」という事実は、

  いずれ「清々しさ」や「思い出」に変わっていくものです。



4、私たちは自分の未来に何が起きるのかを知る術はありません。

  何が起きてもありえることですし、何が起きても不思議ではありません。

  私たちにできることは「未来はこうなっていてほしい」と思うこと、

  そのことに今全力で力を注ぐことだけです。



5、始めればそのうち終わります。

  始めなければいつまでも終わりません。

  始めなければ終わることがないのですからいつまでも苦しむことになります。

  嫌なことを終わらせたいのなら今すぐに始めることです。



6、自分自身を認めもせず、優しくもせず、愛することもしていないのに、

  「幸せになりたい」、「人生を楽しみたい」と思っていても無理でしょう。

  まずは自分自身と仲良くすることです。

  そこを無視して進んでも行き詰まるだけでしょう。



7、今、失敗だと思えることでも、

  長い目で見れば「それでよかった」と思うことが人生には数多くあります。

  だから安心してください。

  今の失敗もいつかは素敵で必要な経験だったと思える日が来ると信じて待ちましょう。



8、当たり前だと思うことに感謝する方法は、

  普段当たり前だと思っているそのことから一度離れてみることです。

  例えば、いつも電気が使えることが当たり前だと思っているのなら、

  1日電気を使わないで生活してみるなどです。



9、永遠に変わることのない絶対的な正解を求めようとするのではなく、

  とりあえず、今の自分にとって、

  「正解だと思うこと」、「大切にしたいこと」、「信じたいこと」、

  それを握りしめて生きていけばよいのです。

  いつか、自分の中の正解が変わったとしてもよいのです。

  この世に変わらないものなどないのですから。



10、いつも足りない数を数えてばかりいる人は幸せを感じることはできないでしょう。

  なぜなら、幸せとは持っている数で決まるわけではないからです。

  たった1つでも自分が本当に満足できるものを持っていれば、

  そこに幸せを感じることはできるのです。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク