お金の法則

お金は使ってこそ価値が生まれるものです

hdzxgzwisgzizgwizf.jpg

お金を求めることはとても重要なことですが、

それが執着に変わってしまうと「もっと!もっと!」となり、

いつまでも満足できずに苦しくなってしまいます。


自分は何のためにお金を求めているのか?

その理由がハッキリしているのならよいのですが、

ただお金を増やすことだけが目的となり、

「あなたはそのお金で何をするのですか?」と聞かれて、

そこで何も答えることができない人もいます。


昔、お金を貯めることに人一倍執着していた人がいました。

その人には趣味もなく家族も友人もおらず、

何十年も風呂なしの安いアパートに住み続けて贅沢はせず、

外食もせず、遊びにも行かず、いつも同じ服を着ていて、

毎月、貯金通帳の残高が増えていくのを見ることだけが生きがいで、

お金を使うことに罪悪感を持っているという人でした。

ある時、寝タバコの火が原因で火事になって亡くなってしまい、

その部屋からは何千万円も入った貯金通帳が出てきたそうです。

果たして、その人は幸せだったのでしょうか?


確かに特別な理由は無くとも日頃から節約をしてお金を貯め、

老後の不安、病気、事故、災害、葬式など、

「何かあった時のため」、「もしもの時のため」

そのような時のためにお金を蓄えておくことも必要です。


しかし、そのために自分の今の生活を放棄していたり、

家族や友人関係を犠牲にしてまでも働いていたり、

体を壊してまでも働いていたりするのだとしたら残念なことです。

なぜなら、それは「今を楽しんでいない」からです。

お金を求めることは必要なことですがあまり無理をしないことです。


「お金を増やすこと = 幸せ」ではありません


お金は使ってこそ、そこに何らかの価値が生まれるのであり、

貯め込んでいるだけではお金はただの紙や数字でしかありません。

先のことを考えてお金を貯めることも大事なことですが、

お金を適度に上手に使って人生を楽しむことも大事なのではないでしょうか?


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



お金に好かれるようになりましょう

dxunxreyu9mfr9m9.jpg

現代社会で生きていくのならお金は必要不可欠です。

本当は誰もがお金を求めているはずなのに、

「お金の話をするのはやらしい」

「多くのお金を求めるのは卑しい」


お金に対してそのように考えていて、

まるで、お金が汚らしいものであるかのように言っている人もいます。


時と場合によってはそのような状況もありますが、

本来、お金の話をすることは下品ではありませんし、

お金を求めることは悪ではありません。

また、人が羨むほど多くのお金を持っている人も悪ではありません。


お金で人生を破綻させてしまった人もたくさんいますから、

「お金は怖いものだ」と考える人も少なくないかもしれませんが、

それはその人がお金の正しい使い方を知らなかったり、

お金に溺れたりしてお金と上手に付き合えなかったからでしょう。


お金にはキレイも汚いもありません。

「そのお金をどのように手に入れたのか?」

「そのお金を何にどのように使うのか?」


お金の稼ぎ方や使い方にキレイや汚いはありますが、

お金そのものはただの紙であったり、ただの固いコインなのです。


しかし、だからといってお金を粗末にしていいというわけではありません。

お金にも波動エネルギーや人の念が入っていますから大切に扱うべきです。


ある人は普段からお金をものすごく大事にされていて、

夜に自分が寝る時には財布にも財布専用の小さな布団を用意して、

財布に「今日もありがとうございました」と声をかけてから寝る人もいます。

さすがにその人と同じことをする必要はありませんが、

少なくとも財布の中だけはいつもキレイにしておいてあげてください。


お金を大切に扱うということはとても大事なことです。

お金と仲良くしてお金と上手に付き合えるようになりましょう。

すると、お金に好かれてお金の方から近寄ってきてくれるようになるでしょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで自分に与えられたお金に感謝しましょう

xregtrhvyjbuku.jpg

今まで自分が人から与えられたお金がいくらか考えたことがありますか?

特に、自分が大人になるまでには、

親が自分のためにたくさんのお金を使ってくれたはずです。


毎日の食費も服も靴も全て親が与えてくれたことでしょう。

毎月のお小遣いも親が与えてくれたことでしょう。

家族で旅行にも連れて行ってもらったことでしょう。

習い事にも通わせてもらったことでしょう。

高校や大学までの授業料も親が払ってくれたことでしょう。


そんなふうに、

今まで自分が人からどれだけのお金を与えられてきたのかを考えてみると、

1人の子供が高校や大学を卒業して社会に出て行くまでには、

本当にたくさんのお金が与えられてきたのだということ、

今の自分があるのは今までたくさんのお金を与えられてきたからだということ、

そういうことを改めて知ることができます。


親だけではありません。

友達の家に遊びに行けば、おやつを出してもらったことでしょう。

お正月には親戚の人たちがお年玉をくれたことでしょう。


大人になってからであっても、

職場の上司にご飯をおごってもらったこともあるでしょう。

恋人が自分のためにプレゼントを買ってくれたこともあるでしょう。


そこには全てお金がかかっています。

今まで誰かが自分のためにたくさんのお金を使ってくれたのです。

それはもう感謝しかないでしょう。

それを当り前だと思っているのは傲慢でしかありません。

感謝のできない人に幸せは訪れません。


そして、自分がある程度の年齢に達した時、

今度は今まで自分が人から与えられたお金を周りに返していく番でしょう。


昔、自分が親に与えてもらったように、

自分の子供のためにお金を使ってあげてください。


昔、自分が親戚の人たちにしてもらったように、

自分の甥っ子や姪っ子にお年玉を与えてあげてください。


昔、自分が職場の上司にされたように、

自分の職場の後輩を食事に連れて行ってあげてください。


昔、自分が周りの人たちからそうしてもらったように。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お金の使い方が上手な人になりましょう

xet5yf65uu.png

もし、突然あなたに1万円の臨時収入が入ったらどうするでしょうか?

A 内緒にしておけば分からないので誰にも言わない

B 家族に報告してみんなで喜びを分かち合う



別にどちらが良くてどちらが悪いというわけではありません。

お金に困っていたらそのまま自分のポケットに全部入れてしまうのもいいでしょう。


でも、そうではなく金銭的に余裕があるのだとしたら、

家族や日頃お世話になっている人に少しご馳走をするのもいいでしょう。

それは結果だけを見ればお金は減るのでマイナスになってしまいますが、

そのお金は「生き金」として使っていますから、

長い目で見ればいつかそのお金は自分にとってプラスに働くことになります。


世の中にはあまりお金を使いたがらずコツコツと貯めている人も多いですが、

「節約している人」と「ケチな人」とでは全く違います。

節約している人は締めるところはキッチリと締めますが、

自分にとってプラスになることだったり、ご祝儀だったり、

出すべき時には惜しまずにしっかりと出す人が多いですが、

ケチな人はとにかくお金を使うことを嫌うので、

人よりも少なめに出したり、出すべき時にも出さないという人が多いです。


「お金をたくさん持っていたい」

そう思うのは少しも悪い事ではないのですが、

「自分はそのお金で何がしたいのか?」ということが大事です。

お金は使わずにただ貯めているだけでは良くも悪くもただの紙切れです。

人生はいくらお金を持っているかを競い合うものではありません。

お金は使ってこそ、その価値を発揮するというものです。


お金は夢を叶えるため、人のため、生きがいの創造のためなど、

そういうことに使えば人生を豊かにすることができますが、

お金を使う事を必要以上に惜しんだり、使い方を間違えてしまうと、

お金が原因で人生をつまらないものにしてしまうこともあります。

「生き金」と「死に金」という言葉もあるように、

お金は考え方と使い方によって自分にとって薬にも毒にもなります。

すべては使うその人間の心次第です。


お金は大事ですが、お金に必要以上に踊らされず、お金の魔力に惑わされず、

「ここはお金を使うべき時なのでは?」と自分の心の奥の声が聞こえたのなら、

その時は惜しまずに笑顔で気持ち良くお金を世の中に流してあげましょう。

お金は自分のためだけに使うのではなく人のためにも使って、

自分も人も笑顔になるような上手なお金の使い方ができるようになりましょう。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お金でダメになる人、ならない人

46d45y6u.png

「お金の話をするのはいやらしい」などと思って、

お金の話をあまり積極的にしたがらない人もいますが、

お金の話をしたり、お金に興味を持つことは悪い事ことではありません。


あまり「金!金!」と言うような人はイメージが悪いかもしれませんが、

お金を求めることは大切なことです。


お金で失敗したり、

お金で堕落したり、

お金で人生をダメにしてしまうような人も少なくありませんが、

それはお金のせいではなく、

お金を使うその人の使い方のせいであり、

お金そのものに責任はありません。

大事なのはお金の使い方です。


「生き金」と「死に金」という言葉もあるように、

自分がお金をどのように使うかによってお金の価値が決まります。

お金は幸せになるための手段であって目的ではありません。


お金を扱うのは人間の心です。

お金に酔ったり、お金に踊らされるのではなく、

「お金の主人は自分である」ということを忘れずに、

お金を上手にコントロールすることです。


お金が生きて働く使い方を常に心掛けていれば、

お金で失敗することもないでしょう。



ちなみに、

宝くじが当たって一気に大金持ちになったような人は、

一生裕福な暮らしをすることができるのかといえば、

多くの人たちは数年で宝くじが当たる以前のような、

昔の生活に戻っていってしまう傾向にあるという、

そんな話を聞いたことがあります。


きっと、一気にお金が増えてしまったことで、

お金の扱い方が上手いことできなかったのでしょう。


あなたのお金の使い方は大丈夫ですか?

お金の使い方、扱い方というのは本当に大事なことです。


今日も1日、良い思考で良い波動を。


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク