自分のために恨みや憎しみを手放すということ その2

dddfddhfccnfcnfdms.jpg

これは20年以上前に私が実際に経験した話です。


当時、私が勤めていた職場で一番仲の良かった同僚の女性がいました。

その女性はとても真面目で温厚で笑顔がとても素敵な女性でしたが、

その時、彼女はヤクザの男性と付き合っていたらしく、

そのことでいろいろと悩んでいて私は度々相談にのってあげていました。


そんなある日、彼女から大事なお願いがあるということで、

近所の喫茶店に呼び出されて話を聞いてみると、

彼女が今付き合っているヤクザの男性が多額の借金をしていて、

そのために彼女の家にも借金取りが来るようになり、

申し訳ないけれど100万円貸してほしいということでした。


最初は断りました。

しかし、彼女は必ずお金は返すから信じて貸してほしいと、

人目もはばからずその場で泣きながら頭を下げてきました。

私にとって彼女はとても仲の良い大切な友人でしたし、

何より普段は真面目で温厚な彼女の初めて見せる切羽詰まった顔を見て、

私は何とか彼女を助けてあげたいと強く思い、

地道にコツコツ貯めてきた貯金を下ろして100万円貸してあげたのです。


しかし、それから1か月ほど経った頃、急に彼女は職場に来なくなりました。

職場のみんなが心配して何度も電話をかけましたが繋がらず、

彼女が住んでいるアパートに行った時にはすでに「もぬけの殻」でした。

その時、私は全てを理解しました。


もちろん、私はすぐに警察に相談に行きましたが、

「彼女を見つけてお金を取り返すことは難しい」ということでした。


私は信じていた彼女に裏切られたという気持ちと、

今まで頑張ってコツコツ貯めてきた100万円を失った気持ちとで、

頭の中がグシャグシャになり悔しくて悔しくて夜も眠れず、

私は彼女に対してとても大きな恨みと憎しみを持つようになりました。


その後の私は毎日彼女への恨みと憎しみの中で生きていました。

もし、彼女を見つけたらどのように復讐してやろうかと、

毎日そのことばかり考えて生活していましたから、

友人と遊んでいても映画を見ていても何をしていても楽しくありませんでした。


そんな時、友人の1人に言われたのです。

「最近のあなたはいつも怖い顔をしている」

「前のあなたは今みたいに近寄りがたい雰囲気ではなかった」


その言葉を聞いて私は初めて気づいたのです。

ずっと恨みや憎しみを持ち続けていても苦しいだけで、

これではいつまでも自分が幸せを感じることはできないと。


その時、私は初めて彼女への恨みや憎しみを手放すことにしたのです。

それは別に彼女がした行為を許したわけではありませんでしたし、

その出来事を忘れることにしたわけでもありませんが、

自分の心の平和のために恨みや憎しみを捨てたのです。

すると、今まで恨みや憎しみでパンパンになっていた自分の心が、

まるで大きな風船がしぼんでいくようにスーッと軽くなっていくのを感じました。


あれから20年以上の月日が経ちました。

今ではもう貸したお金を取り戻したいとは全く思っていませんし、

今彼女は罰が当たり不幸になっていればいいとも思っていません。

むしろ、今彼女が幸せになっていればいいと思っています。


しかし、それは別に私が彼女のした行為を許したということではありません。

ただ、私はもうそのことには執着していないということです。

あの時、私は彼女のためではなく、

自分自身のために恨みや憎しみを手放して終わらせたのです。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のために恨みや憎しみを手放すということ その1

gbghjhjnjkmjmjnhh.jpg

怒りは一度爆発させれば徐々に落ち着いていきますが、

恨みや憎しみというものはそういうわけにはいかず、

長い時間ずっと心の中に張り付いてしまうものです。

それは自分の心の中にいつまでもカビを生やしているようなものです。

そのような状態で幸せになれるでしょうか?


もちろん、人が誰かに恨みや憎しみを持つということは、

それ相応の許しがたい出来事があったことでしょう。


しかし、恨みや憎しみで相手に復讐をしても、

それはまた次の恨みや憎しみが生まれるだけで問題は解決されません。


例えば、あなたが大切にしていたブランドバッグを人に貸したら、

その人はお金に困ってそのブランドバッグを勝手に売ってしまったとします。

あなたはとても腹が立ち心の中には恨みや憎しみの感情が溢れ、

今度はあなたがその人が大切にしていたブランド時計を叩き割ったとします。

すると、今度はその人があなたに対して恨みや憎しみが生まれ、

いつまでもその連鎖が繰り返されて終わることはありません。


当然、悪いのは最初にあなたのブランドバッグを勝手に売った相手ですから、

「そこで泣き寝入りしましょう」と言っているわけではありません。

相手がした行為に対しては強く非難し弁償してもらうべきですし、

そのための行動は強い姿勢で絶対にすべきだと思います。


ただ、その相手ともう連絡が取れなくなってしまったり、

その相手がどこか遠くに引っ越して逃げてしまったりなど、

どうしても取り戻すことが難しい場合は諦めることも必要でしょう。


しかし、それは相手のした行為を許すのではなく、

自分の心の平和のために恨みや憎しみを手放すということです。


恨みや憎しみをずっと抱えていてもそこには苦しみしか生まれません。

相手のためではなく、自分自身のために終わらせるということです。

それは決してあなたが相手に負けたということではありません。


相手の許しがたい卑劣で愚かな行為に対して、

もうこれ以上自分の心の中にカビを生やさないために、

これからの自分の心の中を幸せと平和で満たすために、

あなたが大きな愛で包み込んで終わらせてあげたということです。



今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく考えてみれば自分の望みは叶っていたということ

nhnuexfmssddxfumxf.jpg

世の中には今の自分の学校や仕事が嫌で辞めたいという人も数多くいます。

ですが、その学校や仕事を選んだのは誰でしょう?

そこに入りたいと願い、そのための行動をしたのは誰でしょう?

そのことを考えてみれば、最初の自分の望みは叶っていたことに気づくでしょう。


人によっては、

「自分は好きで今の会社に入ったわけではない!」

「生活していくために我慢して今の仕事をしているんだ!」

「望んだ学校に落ちたから仕方なく今の学校に通っているだけ!」

そのように反論する人もいるかもしれません。


たとえそうだとしてもよく考えてみれば、

今の好きでもない仕事や仕方なく今の学校に通っているということ、

それを決めたのは紛れもなく自分自身なのではないでしょうか?

誰かに無理やりその場所に行かされているわけではないのでしょう?


今の学校や仕事は自分が望んだ場所ではないと言いながらも、

その学校を受験して最終的に入学すると決めたのは誰ですか?

その仕事の面接に行き「ここで働きたい」とアピールしたのは誰ですか?


それは紛れもなく自分自身なのではないでしょうか?


自分が望んで入った場所ではないと言いながらも、

実際にその場所に入るための行動をしたのは自分自身なのです。

そのことを考えてみれば自分の望みは叶っているのです。


もちろん、人は最初の気持ちや喜びは時間と共に薄れていくものです。

最初は新しい環境でやる気に満ちていても「慣れ」というものが出てきて、

「ここで頑張ろう!」という気持ちも徐々に変わっていくこともあるでしょうし、

「やっぱり、どうしても今のこの場所は失敗だった。もう嫌だ・・・」

そのように思うのなら今の場所を離れて他の場所に移ればよいのです。


一番やってはいけないことは、

「こんな仕事なんかやってられない!」

「こんな学校なんかウンザリだ!」

そう言いながらもズルズルとその場所に居続けることです。


本当に嫌ならば辞めればよいのにそれはするつもりはない、

もしくは、何らかの事情でその選択はできないというのなら、

今の自分の現状を嘆いているのではなく気持ちを切り替え、

「何とか少しでも今のこの場所を楽しむ方法はないだろうか?」

そのように今の自分が見ている世界を自分で変えていくことです。


自分が一番心から切に望んだ場所には行けなかったとしても、

今の場所もある意味では間違いなく自分が望んだ場所なのです。

心が折れそうな時はそのことを少し思い出してみてください。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の中にいる「いろいろな自分」に気づくということ

fncsudinuidmcd.jpg

あなたは自分はどんな人だと思っているでしょうか?

多くの人は自分で「自分はこんな人間である」と思っているでしょう。


ですから、例えば、人前で自己紹介する場面では、

「自分は人見知りですがよろしくお願いします」など、

そのように自分が思っている自分を説明するでしょう。

しかし、自分が思っている自分だけが真実なのではありません。


自分では人見知りだと思っていたとしても、

他の人から見れば「そんなことはない」と思われているかもしれませんし、

Aさんから見れば「口数が少なくシャイな人」と思われていても、

Bさんから見れば「よく笑う人」だと思われていたり、

Cさんから見れば「面白い人」だと思われていたりなど、

その人の印象は決して1つではなく人によっていくつもあります。

そして、そのどれかが本物でどれかが偽物ということでもありません。


「ジョハリの四つの窓」という有名な理論もあるように、

1、 自分も他人も知っている自分

2、 自分は知っているけれど他人は知らない自分

3、自分は知らないけれど他人は知っている自分

4、自分も他人もまだ知らない自分


このように人には誰でもいろいろな自分を持っています。


これらの自分の中にある「いろいろな自分」に気づくことができれば、

その「いろいろな自分」を自分の意志によって動かすことができます。

なぜなら、それらのどの自分もちゃんと自分の中にいるのですから、

「これからはこういう自分をもっと前面に出してみよう」、

「今はこういう自分は少し控えておこう」など、

自分の中でいろいろな自分の仕切りや大きさなどを変えることができます。


「自分のことは自分が一番よく知っていてそれだけが真実」と思っていれば、

自分で「自分はこういう人間である!」と決めつけてしまいがちですが、

自分の中にある「いろいろな自分」に気づくことができれば、

人とのコミュニケーションや社会生活にも役立ちますし、

今よりもっと自分の可能性を広げていくこともできるでしょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日1日だけ心配や悩みを捨てて生きてみませんか?

gnxdmdddddddddddfjmkd.jpg

人生で何も心配や悩みがない生活は素晴らしいと思うでしょうが、

大人でも子供でも、男性でも女性でも、正社員でもアルバイトでも、

独身でも既婚でも、お金があっても無くても、学歴があってもなくても、

人は誰でも何か心配や悩みを抱えながら生きているといってもいいでしょう。


それは日常の小さな心配や悩みもあれば、

人生にとっての大きな心配や悩みもあるでしょう。


それは自分自身に対する心配や悩みもあれば、

自分以外の人に対する心配や悩みもあるでしょう。


それは実際に今の自分に起きている心配や悩みもあれば、

まだ見ぬ未来への心配や悩みもあるでしょう。


全く何も心配や悩みがない毎日を送りたいと思っていても、

生きていれば何かしらの心配や悩みが勝手に浮かんでくるものであり、

生きているかぎり心配や悩みが無くならないのが人間なのかもしれません。


それでも、今日1日だけ心配や悩みを捨てて生きてみませんか?


あなたが今どのような心配や悩みを抱えているとしても、

今日1日だけはそのことを全く考えないで生きてみませんか?

今日1日だけはそのことに全く意識を向けずに生きてみませんか?

今日1日だけは自分が今やるべきことだけに集中して生きてみませんか?

今日1日だけは今というこの瞬間だけを全力で楽しんで生きてみませんか?


今のあなたが抱えている心配や悩みは一旦横に置いておいて、

今日だけは深刻な顔を捨てて、にこやかな顔をしてみてください。

もちろん、そうしたからといって心配や悩みが消えるわけではありませんが、

そうすることで今まで閉め切っていた心の中に爽やかな風が吹き抜けるような、

そんな清々しい気持ちになって少しはスッキリするはずです。


生きていれば人生いろんなことが起こります。

ですが、いろんなことが起こるのが人生というものです。

人生にはいろいろありますがほとんどのことは「なんとかなるもの」です。

あまり深刻になり過ぎず前向きに穏やかな気持ちで楽に生きていきましょう。


今日も一日、良い思考で良い波動を


【応援してくれる方に心から感謝します】
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク